仮想通貨市場全面安、苦境に立たされるビットコイン(BTC)|仮想通貨市況

仮想通貨市況

18日のビットコイン(BTC)は、前日比3.10%安と大幅続落。

イーサリアムが5.47%安、リップル(XRP)が9.02%安となるなど、投げ売りに歯止めがかからない状況にある。

出典:コインチェック

5,800〜6,000ドルラインでは現物買いも期待されるが、中国のブロックチェーン国策に係る思惑で10,600ドルまで急騰して以降、上値・下値ともに切り下げ続けており、反発時も上値を叩かれる展開が続く。好調に推移する伝統金融市場に個人投資家の関心が移るなど、センチメントは極めて悪いと言わざるを得ない。

LS比率にシグナルも

bitfinexのデータで興味深い動きも確認されていた。

BTCが7100ドル付近を推移していた6日8時半時点でショートの建玉数5,567BTCであったが、9時頃から急増。13時時点で8,938BTCまで膨れ上がっている。わずか4時間半で3,360BTC(約27億円)の売りが積まれた格好だ。その後、17日3時頃より300ドル幅急落、さらに本日にかけて6,540ドルまで大幅続落している。

一方、直近ではBTCの未決済建玉(OI)が高水準にあるほか、世界最大の仮想通貨デリバティブ取引所BitMEXのファンディングレートが連続ショート払いに、bitFlyer Lightningの乖離が一時1.0%を割り込むなど売りが過熱しつつあるため、踏み上げにも注意したい。

また、相場の急落に伴い、米ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社であるインターコンチネンタル取引所(ICE)が設立した仮想通貨取引所Bakktにおける先物の未決済建玉(OI)では、過去最高の建玉を記録している。

CoinPostの関連記事

ビットコインなど仮想通貨市場に大きな影響を及ぼす「半減期」とは、過去の事例から独自考察
仮想通貨市場に大きな影響を及ぼすビットコイン(BTC)などの半減期が、相場に意外な影響を与えることも明らかに。ライトコイン半減期など、過去の値動きから可能性とリスクについて詳しく解説。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します