長い歴史を持つHYCMがXRPとBCHのCFD(差金決済取引)を新たに追加

HYCMが2通貨のCFDを新たに追加
HYCMはイギリスの外国為替仲介企業でFXやCFD取引を取り扱っており、会社のプレスリリースによると、リップル及びビットコインキャッシュの取引も開始されたと発表されました

HYCMは現時点で5つの仮想通貨CFDを取り扱い、全てドル建てで取引されています。

CFD(差金決済取引)とは

CFDとは「Contract For Difference」の頭文字を取った略語になります。

日本語に訳すと「差金決済取引」といい1998年、英国で株の売買ごとに払う印紙税の対応として、機関投資家向けに開発された金融商品です。

CFDは、現物株・株価指数・業種別指数や、商品・債券などの市場での値動きをそのまま反映しながら、実際に現物株(原資産)等を所有することなく、原市場と同様の取引ができ、かつその売買価格の差が損益になるという取引です。

利益を得るには高く売って安く買う。または安く買って高く売る。更には金利や配当金等によって利益を得る方法があります。

CFD取引は、実際に預け入れた資金の何倍もの取引が行える為、少ない資金で大きな利益を得る可能性がある反面、予想と逆に相場が変動した場合には損失を被るおそれがあり、投資元本を超える損失を被る可能性もあります。

CFD取引はハイリスク・ハイリターンの取引といえます。

引用元:DMM FX

HYCMはイギリスの外国為替ブローカー企業でFXやCFD取引を取り扱っており、会社のプレスリリースによると、リップル及びビットコインキャッシュの取引も開始されたと発表されました

外国為替ブローカーとは、インターバンク市場で外国為替取引の仲介を行う業者をいいます。

この新規仮想通貨の取引開始は、顧客の需要が発端になっています。

取引リストにはBTC(ビットコイン)やLTC(ライトコイン)、ETH(イーサリアム)が既に入っており、仮想通貨の取引はCFD形式のドル建てで行われています。

HYCMは2017年の6月に初めて、当時$2000(約22万円)程であったビットコイン取引を開始し、同年の8月にイーサリアム及び、ライトコインが追加されました。

HYCMはイギリスに拠点を置くのHenyepグループの一部門です。

この企業は、イギリス、キプロス、ドバイ、そして香港にオフィスを構えているため、イギリスの金融行動監視機構(FCA)、ドバイ金融サービス機構(DFSA)、キプロス証券取引委員会(CySEC)によって統制されています

HYCMのCEOであるStavros Lambouris氏は、

今後仮想通貨がFX取引やその産業全体の大切な役割を担っていくことに疑いの余地はありません。よって、既存の商品でもそうであるように、顧客が仮想通貨を多様化できるように新たな仮想通貨を取引リストに追加するのです。XRP(リップル)とBCH(ビットコインキャッシュ)のような需要の高い仮想通貨を追加することで、HYCMは投資家により容易で敷居の低いパフォーマンスを提供します。」

と語りました。

HYCM Launches Ripple and Bitcoin Cash Cryptocurrency CFDs

January 23, 2018

参考記事はこちらから

HYCM – 35年の歴史を持つ外国為替ブローカー

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加