【速報】仮想通貨詐欺集団が再びETHを送金 市場は売り圧力を警戒か

仮想通貨詐欺集団が再びETHを送金

仮想通貨詐欺事例「PlusToken」のウォレットから、再び大口のイーサリアム送金が確認された。大口送金をトラッキングするWhale Alertが19日9時53分に報告した。

送金されたイーサリアムの総量は789,525ETHで、金額にして105,099,509ドル。日本円換算で約115億円相当だ。

Whale Alertの報告に紐づくコメントでは、売り圧力を警戒する内容が相次いだ。

追記:当該送金後にイーサリアム価格が下落した。

PlusTokenと売り圧力の警戒

PlusTokenの運営陣が不正に得たとされる仮想通貨は、ビットコインが約20万BTC、イーサリアムが640万ETHで、既に一部が資金洗浄を行なった上で売却されていることが、専門企業Chainalysisは最新の報告書で明らかになっている。

PlusTokenとは、2018年半ばに開始した「高い投資収益」を謳った中国のウォレットサービス。紹介報酬として配当が入る仕組みで、捜査報告からネズミ講の詐欺であることが発覚した。当時の試算では、80万人以上の参加者から、計20万BTCの被害で、概算29億ドルの被害金額に膨らんだとされる。

出典:Chanalysis

これは、PlusTokenの動向と仮想通貨市場の上昇・下落の相関性を指摘した相関チャートだ。

PlusToken閉鎖のポイントまでBTC市場が上昇している一方で、閉鎖のポイントと2度に渡る大口現金化後のポイント後に現物市場の価格が下落していることが確認できる。(以下専門家見解)

  • PlusTokenへの入金目的で仮想通貨を購入する投資家の影響で、人民元の取引所への入金が膨らみ、買い圧力として4月よりビットコインは上昇相場に転じた
  • 6月25日に関係者が逮捕された直後、BTCが下落トレンドに転じており、市場のターニングポイントになった

今回の送金は、これらの指摘が行われた後に確認されたもので、過去の価格下落の傾向から、市場が警戒する可能性がある。

19日には、仮想通貨市場が大きく急反発したタイミングであっただけに、タイミングが悪いと言わざるを得ない。

合わせて読みたい:ビットコイン、重要ラインを死守


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用