YouTube、仮想通貨コンテンツを削除する事例

YouTubeで続く仮想通貨コンテンツの削除

仮想通貨ユーチューバーChris Dunn氏は、YouTube上での仮想通貨に関連したコンテンツが削除されていることを明かした。

Dunn氏は仮想通貨などに関連した動画を10年ほど製作し続けており、登録者数は20万人以上、これまでの累計視聴回数は700万回を超えるという。

本人の報告によれば、仮想通貨関連動画は「害のある、あるいは危険なコンテンツ」「規制された商品の販売」などを理由に、関連動画を削除されたという。

削除された動画タイトルには「過去5年で学んだトップ50の仮想通貨投資に関する教訓」や「ICOの将来」などがあった。

また、同様の現象は他のユーチューバーでも見られており、Node Investorもサイトの規約が変化している可能性に言及している。

こうした一連の事象について、YouTube側は明確な理由を公表していない。しかし一部では、サイバー犯罪集団が、YouTube上で仮想通貨の盗難を目的としたマルウェアをインストールさせる事例が発生していることが原因となっているとの見方も見られる。

CoinPostの注目記事

中国深セン市、仮想通貨企業8社を調査 違法ビジネス取締まり強化で
中国深セン市の金融規制当局は、違法なビジネスを取り締まる目的で、中国の仮想通貨関連企業8社に対しヒアリング調査を行った。現時点では調査段階だが、他企業にも波及していく可能性がある重要事例だ。
東欧の大型ダークネット、仮想通貨ICOを計画 違法の上に出口詐欺か
東欧地域最大のダークネット市場と知られるHydraは事業拡大を狙ってICOを呼びかけている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら