海外大手取引所の顧客資産ビットコイン(BTC)、直近1ヶ月で急反転

BitfinexのBTC供給量が30%増

2019年以降、右肩下がりで推移していた海外取引所の顧客預入ビットコインの数量が、急反転し始めていることがわかった。

仮想通貨取引所Bitfinexが預かるビットコインは過去1ヶ月で5万BTCの約30%、BitMEXも4%増加した。CoinMetricsがデータを報告した。

出典:CoinMetrics

11月22日から12月22日にかけて、Bitfinexのウォレットにある154,996BTCから204,150BTCに増加。同期間は、BTCが7700ドル台から計2回に渡り、直近最安値の6500ドルまで転落した後、大幅反発するなど、激しいボラティリティを伴った期間に相当する。

Bifinexは、Exchangeとしての「取引」のほかに、Marginの「信用取引」、Fundingの「レンディング」を提供しており、年末前のタイミングのほか、金利を狙うトレーダーが増加していることも一因になるとみられる。

一方で、BitMEXもBTCの保管数で約4%(246,937BTC→255,741BTC)上昇しており、取引が再び活発化しているとの見方もできる。

BitMEXは、11月に顧客の2.3万人の個人情報(メールアドレス)が流出する事故が発生した後のタイミングでもあったが、赤線(発覚タイミング)が示すように、事故以降もBTCの入金数は増加している。

出典:CoinMetrics

参考:coinmetrics

CoinPostの注目記事

ビットコイン・アルトコイン市場の2020年予測 BitMEXリサーチ
BitMEXリサーチは2020年の仮想通貨市場予測を行なった。 ・ビットコインのボラティリティと値幅 ・市場ドミナンス
仮想通貨取引所BitMEX、BTC出金でネイティブSegWitに対応
仮想通貨取引所BitMEXがビットコインの出金でネイティブSegWitに対応する。多くのユーザーがいるBitMEXの導入に利点があると説いた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用