CoinPostで今最も読まれています

YouTubeが仮想通貨コンテンツを削除? 相次ぐ被害報告と専門家の見解

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTubeの仮想通貨関連ビデオ削除

YouTubeから仮想通貨ユーチューバーが、とんだクリスマスプレゼントを受け取る事態に発展しているようだ。12月23日から唐突に始まった仮想通貨関連コンテンツの削除事件。今に至って、YouTube側による削除が加速している。

当初、限定的な影響と指摘されていたものの、多くのチャンネル登録者を抱えるインフルエンサーらを始め、数多くの仮想通貨関連チャンネルへ影響が拡大し続けている。現在削除の影響を受けていることが確認されたユーチューバーは25チャネル以上にも及ぶ。

昨日報じたように、コンテンツを削除された20万人以上のチャンネル登録者を持つ仮想通貨ユーチューバーChris Dunn氏は、「害のある、あるいは危険なコンテンツ」「規制された商品の販売」を理由にビデオを削除された。

ベテラン仮想通貨投資家でもある同氏はこれまで10年以上、同様のコンテンツを作成してきたが、トラブルはなかったという。

また、8万人を超えるチャンネル登録者を抱える「The Moon」を運営するCarl Eric Martin氏は「これは最も純然たる検閲だ」と訴え、「YouTubeでビットコインがこのように検閲されるのは正気の沙汰じゃない」とメディアCrytproPotatoのインタビューで答えた。

今回のYouTubeによるビデオ削除がビットコインを根本的に害することはないだろうが、ビットコインや金融の自由についての学びを妨げる可能性があると主張している。また、仮想通貨コミュニティの活動は主要メディアではなく、YouTubeやTwitterなどのソーシャルメディア上で活発に行われている事実にも言及した。

多くの従業員が休暇を取るクリスマスから新年というタイミングは、違反警告を受けコンテンツを削除されたり、最悪の場合チャンネルが閉鎖されるような事態に陥ったチャンネル運営者にとって、再審査請求により長くかかるなど、かなり不利な時期でもあると見られる。

前出のチャンネルリストを作成した「Crypt0」のOmar Bham 氏は、「卑劣なタイミングだ」とYouTubeおよびその親会社であるグーグルを強く非難した。

また、昨年、グーグルならびにフェイスブックが仮想通貨に関する広告の全面禁止措置をとった事例(のちに部分的に解除)にも触れ、中央集権型ソーシャルメディア大手の持つ比類なき影響力を危惧する姿勢を見せている。

法的観点

仮想通貨にとっては深刻な事態だが、YouTube側は正式なコメントを発表していないため、仮想通貨に対する意図的な攻撃だとする意見や単なるポリシー違反という意見など、その理由に関しては様々な憶測が飛び交っている。

そんな中、仮想通貨関連の法律に詳しい業界弁護士Jake Chervinsky氏は、ツイッターで次のように解説している。

YouTubeの仮想通貨に対する取り締まりは、証券法17(b)の「反タウト(大げさな宣伝)」条項に対する潜在的な違反と関係があると思われる。

これは、証券のプロモーターが販売促進をするにあたって受け取った報酬を開示することを要求するものだ。正直なところ、ここまで時間がかかったことに驚いている。

この反タウト条項を根拠に、ソーシャルメディア上でICOを大々的に宣伝したボクサーのFloyd Mayweather氏やDJ Khaled Settle氏などが、米証券取引委員会から告訴され、その後和解した経緯がある。

しかしChervinsky氏も、証券法に抵触するかどうかは可能性の一つに過ぎず、単にYouTubeが特定のカテゴリーに入るビデオを削除するアルゴリズムに合致したことも考えられると述べている。

仮想通貨業界からのサポート

このような事態に対し、業界の代表格であるバイナンスは、影響を受けたYouTubeチャンネル運営者に対するサポートを示すため仮想通貨コミュニティに結束するように呼びかけ、専用ツイッターアカウントを設けた。

また、バイナンスCEOのCZ氏自身も「仮想通貨コミュニティが、ブロックチェーンを利用した独自の検閲耐性のあるソーシャルメディアプラットフォームに挑戦してみる好機なのかもしれない」とツイートした。

CoinPostの注目記事

YouTube、仮想通貨コンテンツを削除する事例
YouTubeで、仮想通貨系コンテンツの動画が運営側により削除される事態が相次いでいる。複数のユーチューバーは、規約が変更された可能性を指摘した。
仮想通貨の不正マイニングツール、Youtubeを悪用して拡散か=イーセットレポート
YouTubeを悪用いてユーザーのデバイスで不正に仮想通貨Moneroのマイニングを行うマルウェアが拡散されているとセキュリティソフト企業Esetがレポートを発表した。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/18 木曜日
15:15
米金融大手ステートストリート、独自のステーブルコイン発行検討か
米ボストン拠点の金融大手ステートストリートは、ブロックチェーン上の決済方法を模索しており、仮想通貨ステーブルコインの発行を検討していると報じられた。
14:00
ヴィタリック、仮想通貨支持派という理由のみで政治家を選ぶことに反対
仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、米国選挙に向け「仮想通貨賛成派」であると主張しているか否かだけで、候補者を選ぶことに対して警告を発した。
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。
10:45
TON、ビットコインのブリッジ機能をローンチへ
TONのブロックチェーンへ仮想通貨ビットコインをブリッジできる新機能が今年にローンチされる予定。プロジェクトが機能の概要を説明している。
10:00
「シリコンバレーがトランプ氏を支持する理由はビットコイン」著名投資家キューバン氏
著名投資家マーク・キューバン氏はシリコンバレーがトランプ氏を支持するようになったのは仮想通貨ビットコインが理由だと意見した。
08:00
カナダ上場企業Cypherpunk、仮想通貨ソラナ保有量を10倍以上増加
カナダの上場企業Cypherpunk Holdings(サイファーパンク)は先月から、仮想通貨ソラナ(SOL)の保有を大幅に増加している。
07:10
「ETFは現物ETFローンチで5000ドル超える可能性」Bitwise予想
仮想通貨イーサリアムの価格は米国の現物ETFローンチで最高値を更新するだろうとBitwise幹部が予想。5,000ドルを超える可能性があるとも述べ、分析を公開している。
06:40
ドイツ当局、約5万ビットコイン売りで計4500億円の利益
Movie2K事件は終結していないが、ドイツ当局は声明で5万ほどの仮想通貨BTCを売却せざるを得なかった理由を説明している。
06:20
コインベースやBybit、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8」を新規上場
米仮想通貨取引所コインベースは18日、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8(A8)」を新たに上場した。発表を受け、A8の価格は+38.8%と高騰している。
05:55
トランプ氏、財務長官に仮想通貨否定派のJPモルガンダイモンCEO検討か
トランプ米前大統領は11月当選後の場合、ビットコイン・仮想通貨否定派と知られる米金融大手JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOを財務長官に起用すると検討しているようだ。
07/17 水曜日
23:17
Suiネットワーク最大のDeFi融資プロトコル「Scallop」、累積収益100万ドル突破
Scallop(スカラップ)は、Sui(スイ)ネットワーク上で最大のDeFi融資プロトコルとして累積収益100万ドルを達成。10万ドル相当の報奨金キャンペーンを実施中。暗号資産(仮想通貨)スイなどを借り入れるユーザー向けのインセンティブを強化している。
15:04
バイナンス、2種類の通貨ペアを取扱い中止へ
バイナンスは2024年7月19日12時に2種類の通貨ペアの取扱いを中止する。詳細な暗号資産(仮想通貨)ペア一覧と、インターネットコンピュータ(ICP)について解説。
14:27
RWA向け「Plume」、テストネットキャンペーンを開始
Plumeが初のモジュール式EVMレイヤー2としてテストネットキャンペーンを開始。不動産や金融商品などの現実世界資産(RWA)をトークン化し、パートナーと共に新たな金融エコシステムを構築する。
12:23
ビットコインの反騰つづく、仮想通貨上場投資商品への資金流入が加速
暗号資産(仮想通貨)市場では、イーサリアムETFの承認期待、ドイツ政府売りの枯渇、大統領選のドナルド・トランプの勝利予想の高まりなどを受け、ビットコイン(BTC)が続伸した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア