米グーグル、仮想通貨ETHのMetaMaskをアプリストアから削除

MetaMaskがPlayストアから消失

dAppsでも広く利用されるイーサリアムの分散型アプリブラウザ「MetaMask(メタマスク)」が、グーグルのアンドロイドアプリストアから削除されたことがわかった。MetaMaskがグーグルに認可を取り下げられたと報告した。

グーグルは、「モバイルマイニングアプリを禁止するポリシー」に違反したことを理由にアプリの新規ダウンロードを停止、一方のMetaMaskはマイニング機能を一切提供していないと反論している。現時点で行なったグーグル側への申立ては拒否されたという。

現在、アンドロイドのPlayストアではMetaMaskが表示されないが、Chrome版のMetaMaskは依然としてダウンロードできる状況だ。

MetaMaskは、月間アクティブユーザーが25万を超えるなど、dAppsの利用者の中でも定番アプリとして人気を博している。

CoinPostの注目記事

YouTubeが仮想通貨コンテンツを削除? 相次ぐ被害報告と専門家の見解
12月23日から唐突に始まった仮想通貨関連コンテンツの削除事件。今に至って、YouTube側による削除が加速している。被害報告の内容と専門家の意見は?
Gメール利用で、仮想通貨ETH・NFTトークンの送付が可能に
クリプト秘密鍵の管理会社TorusはグーグルのEメールアカウントやDiscord IDを利用してETH系の送金を可能にするシステムを発表。 簡単に送金できる仕組みは利用普及の足がかりに。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら