「厳寒の冬」続いたアルトコイン市場、2019年のBTCドミナンスは17%上昇

ビットコインのドミナンス、2019年は継続して上昇

仮想通貨市場における時価総額のうち、ビットコインの割合がどれくらいを占めているかを示すドミナンス(市場占有率)は年間通して上昇し、記事執筆時点で69%付近に位置している。

ビットコインのドミナンスは、2017年ごろからアルトコイン価格が急騰したことで急低下し、仮想通貨市場全体がバブルとして過熱した2017年末にはドミナンス35%前後まで低下した。

出典:TradingView

その後、バブルが弾けて多くの銘柄が大暴落。米証券取引委員会(SEC)による、多数のICOに係る違法判断及び規制強化による逆風に加え、巨額の資金調達を行なった仮想通貨プロジェクトの中に詐欺まがいのものが多くあったことが周知されると、アルト市場から資金が流出。

仮想通貨市場全体に先行き不透明感が強まる中、基軸通貨であり、相対的に好調に推移するビットコインに一極集中する「アルトドレイン現象」などで一層の冷え込みを見せた。

これに並行してビットコインのドミナンスは、2018年初頭から多少の変動はありながらも継続して上昇する形となり、一時70%を超えるまでに達している。これは2017年6月以来の水準であり、およそ18ヶ月ぶりの事態だ。

ICOへの規制が強化

先述した通り、詐欺被害が多発したことで、世界各国でICOに対する取り締まりが厳しくなったことも、アルトコイン市場の冷え込みを加速させる一因となっている。

米SEC(証券取引委員会)は10月に、仮想通貨EOSの発行企業「Block.one」に対して、未登録のICOを行なっていたとして総額2,400万ドルの罰金を課したことを公表している。

同じくICOを行った人気メッセンジャーアプリ「テレグラム」の仮想通貨「Gram」に関しては、有価証券に当たるか否かを巡ってSECと運営側が対立し、裁判は2020年2月まで持ち越された。

また、ドミナンスを計算する際に通貨の流動性を考慮すると、ビットコインのドミナンスは実質的に90%に達しているとの指摘もある。

関連:ビットコインの実質ドミナンスは90%か

CoinPostの関連記事

仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。
ビットコイン関連の学術論文、約14,000本に 大学でも仮想通貨に注目高まる
グーグル社が運営する学術論文検索サイト「Googleスカラー」によると、2019年現在、約14,000本もの論文がビットコイン(BTC)に言及していることが分かった。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します