トロン財団、仮想通貨TRXを買い戻す計画を発表

330億TRXの販売はせず、市場から買い戻す計画

仮想通貨TRXを発行するトロン財団は、ロックアップから解除された330億TRX(約4.5億ドル、約486億円)の売却は行わず、更なるTRXの買い戻しを行うと発表した。自社株買いのような形で、TRXを財団が買い戻す意向を示した格好だ。

2020年1月1日に2018年に供給過多を防ぐためにロックアップされたトークン解除の期限を迎えており、該当する330億TRXのロックアップの解除が行われている。

330億TRXは、トロン総供給量の約32%に相当することで、TRX市場の警戒要因になっていた。

今回のロックアップ分の売却停止と買い戻しの計画は、トロンの創設者ジャスティン・サンが明かしたもので、最新のライブストリームで「トロンは330億TRXを販売するつもりはなく、さらにTRXの買い戻し計画をすぐに開始すると予定だ」とコメントした。

理論的には、この行動が、トロンの価格を押し上げるのに役立つ可能性もあるが、中央集権的な流れや過度なプロモーションとして捉える見方もあり、価格への影響は現時点で見られていない。

DLiveを仮想通貨インフルエンサーのナンバーワンアプリに

トロン財団は、最近買収したDLiveというストリーミングアプリに関わる計画も発表した。

「DLiveをナンバーワンの分散型ライブストリーミングプラットフォームにしたい」と意気込みを述べ、YouTube、Periscope、Facebookなどの主要な集中型プラットフォームと比較しても遜色がないほどの優れたライブストリーミングサービスを提供したいとの考えを明かした。

また、YouTube上からの、仮想通貨関連コンテンツの削除を背景に、仮想通貨インフルエンサーやそのコンテンツをDLiveに呼び込みたい考えを以下のように語っている。

あらゆる仮想通貨インフルエンサーにとってDLiveをナンバーワンのプラットフォームにしたい。誰でも歓迎する。誰のファイルやコンテンツも削除しない


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら