中国Fintechセンター長:中国政府は2018年からの新規制を準備中

中国FinTechセンター長Yang Dong氏が中国の仮想通貨取引、ICOの全面禁止を否定
ヤン氏は、中国政府が仮想通貨に関する2018年からの新規制を準備していると述べました。ヤン氏は、仮想通貨やICOに関する全面的な禁止が無期限に続くことはないと述べています。
ICOでコンプライアンスが遵守されるようになるか?
ヤン氏は、ICOの厳格な規制は、悪質なICOを除外するために依然として必要だと言います。株式投資型クラウドファウンディングの試験プログラムが立ち上がれば、ICOでコンプライアンスが遵守されるようになるかもしれません。

中国人民大学ロースクールのYang Dong副学長(以下、ヤン氏)は、2018年の仮想通貨とICOに関する新たな規制を中国政府が準備していると述べました。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

悪質なICOから正当なものをソート

Fintechセンター長でもあるヤン氏は、東南アジアブロックチェーンサミットにおいて、中国政府が仮想通貨取引やICOの全面禁止を無期限に継続することについても「否定」しました。

中国は、過去6ヶ月間に市民が法的に仮想通貨に関わることに対して、重大な取り締まりを行ってきました。

2017年9月には、同年で2回目となる仮想通貨取引所での取引が停止され、この月の上旬には、議員が取引を「中央集権化」することを終わらせることを示唆していました。

同月には、すでに資金を獲得していたが、投資を返済する義務のあるトークンを打ち出していないプロジェクトのICOを突然禁止するという事件も起きました。

最近では、中国のマイニング活動に規制が設けられました。

したがって、中国の仮想通貨に対する規制の流れに逆らっている今回のヤン氏の発言は注目に値します。

ヤン氏は、店頭販売の取引所や海外の仮想通貨取引所が厳しく規制されると認める一方で、中国の厳格な規制の環境は、悪質なICOを排除し、正当なICOを盛んにするためのものだと付け加えています。

コンプライアンスの遵守

ヤン氏は中国の報道機関である8btcのインタビューで、次のように述べています。

優れたICOプロジェクトは、万能なアプローチを単に採用するのではなく、むしろ、法的に管理され、リスクコントロールされた環境で開発することが認められています。

中国証券監督管理委員会は近い将来、株式投資型クラウドファウンディングの試験プログラムを立ち上げる可能性があり、ICOがコンプライアンスを遵守する機会となるでしょう。

中国の投資家は規制を回避しようとしていますが、近隣の主要市場である韓国も、仮想通貨関連の禁止に関するこれまでの声明を軟化させています。

ICOは、ソウルの管轄下で同様に違法とされたままである一方で、取引の厳格な規制の流れが進んでいるように見えます。

1月30日に匿名取引を禁止する新しいガイドラインが発効される予定で、そのガイドラインよって外国人が韓国の取引所を利用できなくなることも見込まれています。

CHINESE OFFICIAL: NEW REGULATION FOR 2018 MAY END ICO BAN

JANUARY 25, 2018 12:00 PM, by Bitcoinist

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加