バイナンス、世界21の法定通貨に対応 仮想通貨世界ネットワーク計画で

新たな法定通貨対応

仮想通貨の世界ネットワーク化へ、バイナンスがすでに21の法定通貨に対応、法定通貨の世界シェアで10%を超えた。

世界中の全法定通貨に対応する計画を11月に公表してから2ヶ月弱、4通貨の板取引と17通貨の販売所形式で計21通貨の法定通貨取引サービス提供を行なったことになる。

11月のバイナンスの大型ミートアップ「Binance super meetup」で発表された法定通貨計画は、最終的に2020年の8月までに世界180通貨に対応するもので、仮想通貨市場の普及も目的とする。

アルトコインの取引市場に強いバイナンスが、世界の法定通貨に対応することで、BTC市場に値動きが依存するアルト市場への新たな流動性プロセスになる可能性も注目されている。

2020年も続々に対応

バイナンスは8日にも、3つの法定通貨に新規対応すると発表。ポーランドのPLNとスウェデンのSEKの2つの法定通貨のほか、タイの法定通貨THBにも新たに対応する。

タイ法定通貨への対応に関しては、バイナンスがタイ規制当局の認可を受けた仮想通貨取引所Satang社との提携することで実現した。

追加情報:その後、オーストラリアドル(AUD)への対応も確認された。

法定通貨のリスト:板取引対応

  • ロシア(RUB)
  • トルコ(TRY)
  • ユーロ(EUR)
  • ナイジェリア(NGN)

法定通貨のリスト:販売所形式

  • オーストラリア(AUD)
  • カナダ(CAD)
  • メキシコ(MXN)
  • コロンビア(COP)
  • ブラジル(BRL)
  • アルゼンチン(ARS)
  • イギリス(GBP)
  • ベトナム(VND)
  • インドネシア(IDR)
  • 米国(USD)
  • 中国(CNY)
  • インド(INR)
  • ウクライナ(UAH)
  • カザフスタン(KZT)
  • ポーランド(PLN)
  • スウェデン(SEK)
  • タイ(THB)

参考:バイナンス

CoinPostの注目記事

バイナンスCZ氏「2020年は仮想通貨を世界に普及させる」
世界最大手仮想通貨取引所バイナンスのCEOであるCZ氏が、2020年の同社の主要目的の1つは「仮想通貨の世界普及」だと説明。2030年までの見通しや買収戦略についても語った。
バイナンスで新規法定通貨に対応、300種類の決済手段が利用可能に
最大手取引所バイナンスは米P2P取引所Paxfulと南米大手決済企業Latamexと提携し、新たな法定通貨に対応。300種類の決済手段も利用可能に。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら