分水領のビットコイン(BTC)「再下落か、再上昇か」|仮想通貨市況

仮想通貨市況

日米株式市場は、中東情勢の警戒感後退で続伸。ウクライナ機墜落問題など依然として先行き不透明な情報が錯綜しているものの、米国とイランの報復合戦が一旦沈静化したことで、やや落ち着きを取り戻しつつある。

仮想通貨市場では、国内大手取引所コインチェックによる仮想通貨LISK(リスク)のステーキングサービス(β版)開始発表を受け、LISK価格が高騰した。ステーキングすることで、値上がりによる利益(キャピタルゲイン)だけでなく、現物株の配当益のようなインカムゲインが見込めるようになる。

ステーキングサービス(β版)は、実証実験の一貫としてサービスを提供。コインチェックでLSKを保有するユーザーの資産を代理運用し、受領した報酬を口座に付与するという。付与条件は以下の通りだ。

  • 対象期間にCoincheckの「取引アカウント」にて1日あたり平均10LSK以上保有
  • 「貸仮想通貨アカウント」にて貸出中でないLSKを1日あたり平均10LSK以上保有

ビットコイン(BTC)市況

10日の仮想通貨ビットコイン(BTC)は、前日比-1.64%の85.6万円と続落。

7800ドルにはサポートラインがあり、反発の見込めたラインだが、割り込んだ場合は半値戻しの7,650ドル、61.8%の7,470ドル付近まで見る必要がある。

海外著名投資家のJosh Ragerも昨日言及したように、プルバックした際の$7800s-$7900sは再テストの支持線として意識されやすい。

オプション市場

なお、本日17時より、恒例のDeribit及びOKExオプションカットを控える。

金融のプロ集団が運用する「コインカレッジ」で解説している通り、オプションカット日に向け、7500,7750ドルの巨大ピンに吸い寄せられるマグネット効果(デルタヘッジのBTC売買)によるダウンサイドリスクも警戒される。

デルタヘッジとは、原資産(BTC)の値動きに対して、原資産を売買する権利であるオプション価格(プレミアム)がどの程度変動するかを示すパラメータである「デルタ」を利用して、原資産の価格変動リスクを回避する手法だ。

CoinPostの関連記事

ビットコイン:大変革の2020年なるか、控える二大アップデートと半減期
仮想通貨ビットコイン(BTC)に関わる2020年の注目ポイントは?実装される可能性がある2つの重要アップデートと半減期を解説。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【1/11更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら