「仮想通貨取引所の銀行口座閉鎖は法律違反ではない」 ブラジル経済防衛評議会が判断

銀行口座閉鎖を合法判断

ブラジルの大手商業銀行は、国内の仮想通貨取引所の口座閉鎖を防ぐ契約を遵守することを拒否している。

現地メディアのCriptonoticiasによると、ブラジルの主な商業銀行の1つであるBanco Bradescoは、仮想通貨取引所口座の閉鎖を妨げる合意を守ることを拒んだ。

2019年12月下旬、ブラジルの経済防衛評議会(CADE)は、銀行一般が仮想通貨取引所からサービスを撤回することは違法ではないと判断している。

「銀行が仮想通貨取引所との契約を確立するのを拒否することには、独占禁止法違反である証拠はない」と、CADEは声明を出した。

CADEは以前には、契約拒否には独占禁止法違反の要素が十分にあるという姿勢だったが、方針が変わったことになる。

理由としてCADEは、仮想通貨取引所間で顧客の身元確認(KYC)遵守が行われておらずマネーロンダリングのリスクがあることを挙げている。

この裁定に対しては、ブラジルの仮想通貨・ブロックチェーン協会(ABCB)は、「不明瞭、矛盾、および脱落要素」に満ちていると批判、14の論点を挙げて訴えている。

Banco Bradescoは、仮想通貨取引所がマネーロンダリングのリスクをもたらすことを繰り返し、協会の訴えに反論している。

別のブラジル大手銀行であるBancoItaúも、協会の訴えに反対しているという。

相次ぐ法廷闘争

また他の商業銀行の中でも、仮想通貨取引所に属する口座を閉鎖しようとする方向へ進んでいる銀行がある。ブラジル銀行が仮想通貨取引所メルカドビットコインの口座を閉鎖したことについて、サンパウロの司法裁判所は最近、メルカドビットコインが行っていた訴訟を却下した。

一方、ブラジルの仮想通貨取引所Bitcoin Maxは、大手銀行サンタンデールの口座を維持するための法廷闘争で勝利している。

仮想通貨は普及が進んでいるところ

こうした法廷闘争が相次ぐ一方、ブラジルの中央銀行は国際通貨基金(IMF)のガイドラインを採用し、昨年ビットコインなどの仮想通貨を資産として正式に承認し始めたところである。

またセアラ州の州都フォルタレザ市はBTC決済の乗車券を販売すると発表している。

ブラジルでは、経済成長の翳りや政治腐敗が問題となっており、法定通貨レアルは高金利通貨としても知られており、政府や通貨に対する信頼はあまり高いとは言えない。

そのため、仮想通貨は比較的積極的に受容されており、大手決済企業Cieloが国内5,500の自治体にビットコイン(BTC)決済を導入、リップル社も近々、デジタル銀行を含む複数のブラジル金融機関との新規提携を発表する予定である。

南米諸国では、チリもブラジルと同じようにここ数年、口座閉鎖を巡り、取引所と銀行の間で裁判が行われている。

CoinPostの注目記事

Ripple、ブラジルの銀行と新規提携へ 仮想通貨XRPの利用に関して協議中
Rippleは2020年初頭、複数のブラジル銀行との新規提携を発表する予定だ。 ロイター報道より。
ブラジル中銀の国際収支報告書に「ビットコイン」と「暗号資産」
ブラジル中央銀行が新たに公表した国際収支表に、ビットコインなど仮想通貨が含まれたことがわかった。南米市場は、事業拡大計画の一環で進出を果たした米リップル社をはじめ、業界からも注目度が高まっている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します