仮想通貨100%の未来都市 著名歌手AKONがセネガルと最終合意

仮想通貨が生活基盤となる未来都市

米国で活躍する著名R&Bシンガー・実業家のAKON(エイコン)氏が、仮想通貨ですべてが動く未来都市を建設する覚書に正式に署名したことが分かった。

「セネガルでAKON CITYの合意を確定したところ。将来あなた達を迎えることを楽しみにしている」とエイコン氏はツイート。

セネガル出身、アメリカ合衆国でR&Bのシンガーソングライター、ラッパー、実業家として活躍している同氏は、仮想通貨を生活の基盤とする都市の建設計画について昨年発表していた。

この未来都市は「AKONクリプトシティ」と呼ばれ、独自の仮想通貨「Akoin」を日常取引に利用する、100%仮想通貨ベースの都市となる見込み。

セネガル大統領によってエイコン氏に与えられた2,000エーカー(約8平方キロメートル)の土地を用地として利用する。

「AKONクリプトシティ」は、根本的に新しい生活方法を見出すために、最先端のスマートシティ計画デザインと、日常の人間的なやり取りや、ビジネス取引を暗号化するための構想をブレンドするものだという。

エイコン氏がコンセプトを作り、技術的な開発はエンジニアに託すこととなる。

米国のラジオ局Power106でのインタビューによると、Akon Cityは長期にわたる事業だ。10年間をかけて、段階的に行っていくという。 2019年3月に建設を開始、第2段階は2025年になる予定である。

「ワン・アフリカ、ワン・コイン」というキャッチフレーズを掲げている、独自仮想通貨Akoinのウェブサイトによると、まもなくベータプラットフォームが立ち上げられる予定である。

アフリカに仮想通貨の大きな可能性

起業家にデジタルおよび実生活のツールとサービスを提供し、様々な事業がアフリカの台頭する経済の力を解き放つことを可能にすることもAkoinのビジョンには含まれている。

アフリカへの太陽光発電の導入にも携わっているエイコン氏は、アフリカに仮想通貨を導入することで、人々に力を与えることができると次のように希望を語った。

「ブロックチェーンや仮想通貨は、アフリカにとって救世主となり得る。人々に力を取り戻させ、通貨システムに安全性を取り戻し、人々は自分自身を前進させるためにそれを活用できて、政府に人々を抑圧することはさせない」

アフリカに仮想通貨普及のポテンシャルを見る人物は、エイコン氏だけではない。ツイッター社とSquare社のCEOであるジャック・ドーシー氏も、アフリカを仮想通貨圏の未来だと認識している。

ドーシー氏は昨年、アフリカ諸国を歴訪し、ナイジェリアでのビットコインミートアップに参加するなど、現地の仮想通貨サポーターと親交を深めている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら