スイスのユリス・ナルダン、BTCブロックチェーンで保証書を発行

Ulysse Nardin、BTCチェーンで保証書発行

スイス創業の高級時計メーカーで、現在はGucciなどを擁する巨大ファッションコングロマリット、Keringグループの一員であるユリス・ナルダン(Ulysse Nardin)は、自社の新しい製品すべてに対し、ビットコイン(BTC)のブロックチェーン上で証明書を発行開始した。

ブロックチェーンスタートアップのWoleetが今回の開発に携わっている。

ブロックチェーンを使った保証書を発行することにより、保証書の偽造を防ぐ狙いがあるほか、アフターサービスや二次流通市場といった場面においても有効な記録となるという。

Ulysse Nardinの時計を購入すると、購入者宛てに延長保証書がPDFで届く。PDFにはモデルや時計の製造番号、補償ナンバー、保証終了日など、製品に関するすべての情報が記載されている。保証書の署名はビットコインのブロックチェーンに格納されているため改ざんすることはできない。

同社は次のブロックチェーン取り組みとして所有権の移転、そして時計のメンテナンスの記録などをブロックチェーンに記録することを考えているようだ。

KeringはGucciやBalenciagaなどのブランドを傘下に擁する巨大ファッション企業であるため、今回その傘下にあるUlysse Nardinでブロックチェーンを利用した保証書の電子化の成功によっては今後、グループ傘下の他ブランドにおいても同じくブロックチェーン保証書が採用されていく可能性もある。

参考:公式発表

CoinPostの注目記事

ルイ・ヴィトンの親企業などで開発、高級ブランドの真贋証明ブロックチェーンとは
ConsenSysは高級ブランドの真贋証明に用いることができる、ブロックチェーンを活用したAURAというプラットフォームを正式発表。ルイ・ヴィトンの親会社LVMHやマイクロソフトと構築している。
米NBA「キングス」がイーサリアムブロックチェーン導入 グッズオークションで活用へ
米NBAの「サクラメント・キングス」が、イーサリアムのブロックチェーンでスポーツアイテム用のオークションプラットフォームを構築するため、ConsenSysと提携した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用