仮想通貨取引所バイナンス、P2P取引でベトナムの法定通貨に新規対応

バイナンスP2P

バイナンスはP2P取引プラットフォームの取り扱い通貨に、ベトナムの法定通貨「VND」を新規追加。中国人民元CNYに続く第二号のP2P対応法定通貨となった。

ユーザーはVNDを介して、BTC・USDT・ETH・BNBの4銘柄の売買を行うことができる。また、VNDはバイナンスの販売所対応通貨としても取り扱われている。

昨年、バイナンスP2Pは人民元への対応を始めた。中国は政策上、板取引を行うことが違法であるため、P2Pは同国のトレーダーや投資家にとって重要な取引ツールである。

参考:バイナンス

CoinPostの注目記事

速報 仮想通貨取引所バイナンス、日本円の対応を発表
仮想通貨取引所バイナンスは19日、法定通貨の対応で日本円(JPY)の追加を発表した。今回日本円をどのように対応したのか?取引所の状況から判明した。
日本進出の仮想通貨取引所バイナンス、CZ氏が提携理由や日本市場の現状を語る=あたらしい経済
バイナンス最高責任者CZは「あたらしい経済」の独占取材に応じ、TAOTAOらとの提携理由や日本の仮想通貨市場について様々な見解を明かした。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します