機を窺うビットコイン(BTC)、短期天井シグナルに警戒感|仮想通貨市況

仮想通貨市況

ビットコイン(BTC)市況

21日(火)の仮想通貨ビットコイン(BTC)は、前日比-0.58%の8650ドル(95万円)に。

暴落後にリバウンドした8500ドル(BitMEX)付近では、3度目の下髭から反発の機運高まるも、今朝方8750ドルで弾き返された。

1h一目均衡表雲下限、及び「戻り高値」での戻り売りが意識されたものと考えられるが、相場の意思を感じさせるような反落であり、一時的な強いブル相場において、上で捕まったロンガーが一定数残存していると思われることから上値の重さに繋がっている。

テクニカル的には、1日足の上髭陰線と、4時間足のダイバージェンス(逆行現象)などが短期天井を示唆。200MAを抵抗帯にした8900〜9000ドル付近での三尊(右肩)成立が意識されるほか、割り込んだトレンドライン上でのリターンムーブ(①)との見方も出来ることから、引き続き短期急騰の反動(過熱感)を背景にしたダウンサイドリスクが警戒される。

一方で、4年に1度しか訪れない”ビットコイン半減期の思惑”は継続しており、アルト相場への資金流入が確認されるなど回復基調にはあることから、下値は限定的と見る向きもある。8500ドル付近では底堅さを見せており、一時的な押し目を作り、再び10,000ドルを目指すような展開もあり得るだろう。

さらに続落した場合、4h雲下限でのロールリバーサル(②)、7700〜7800ドル付近にある厚めのサポートライン(③)におけるプライスアクションに注目したい。

なお、bitFlyerのスポット乖離は、一連の売り浴びせを受け、3%超えから1.87%まで縮んでいる。

BTCデリバティブ動向

仮想通貨データ企業skewのデータによれば、先日までのビットコイン価格上昇に伴い、CME(米シカゴ・マーカンタイル取引所)におけるBTC先物出来高が倍増するなど、好調な滑り出しを見せている。

同取引所の差金決済ビットコイン先物における未決済建玉(OI)は17日、2.35億ドル相当のポジションが建てられた。

13日より新たに開始したオプション取引でも米機関投資家の関心の高さを示しており、1週間で計610契約を記録したほか、17日にはオプション出来高も大幅続伸している。

CMEの先物OIが急増する一方、Bakktの先渡し取引では、OI及び出来高が減少傾向にあり、CMEデリバティブに機関投資家の資金が流れた可能性も指摘される。

出典:skew

BTCが8100ドルから8900ドルまで急騰した14日の先物市場では、習近平国家主席の発言に端を発する思惑で暴騰した昨年10月26日以来となる250億ドル(2.7兆円)規模の取引が行われた。

CoinPostの関連記事

ビットコインに100億円規模の売り圧力か、100万円到達も急反落|仮想通貨市況
半減期思惑で昇り調子の仮想通貨ビットコイン(BTC)は、心理的節目からの暴落で一旦仕切り直しの様相に。季節要因として25日以降の中華圏・旧正月の売り圧力も指摘されるが、統計データからこれを否定する見解もある。
仮想通貨のPoS(プルーフ・オブ・ステーク)とは|2020年以降に注目が集まる理由
コインチェックなど国内外の仮想通貨(暗号資産)ステーキング関連サービスが関心を集め、時価総額2位のイーサリアムPoS移行を控えるなか、ビットコイン(BTC)で採用されるPoWとの違いやPoSのメリットについて詳しく解説。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します