CoinPostで今最も読まれています

リップル社が仮想通貨XRPの最新報告書公開:Q4販売額は前期比80%減

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

RippleのQ4レポート

Rippleは22日、2019年Q4(10〜12月)のマーケット報告書を公開。

XRPに係るプログラムセールの中止や、ロックアップの状況、ODLの世界展開などの主要トピックについて情報を開示した。

XRP販売、プログラムセールは停止に

Rippleは19年Q4の報告書では、XRPの機関向け販売量を減少、プログマティックセールを通じたXRP販売停止の流れも継続したことが明らかになった。

Q4のXRP販売総金額は計1308万ドル。Q3の6624万ドル比で約80%減の水準だ。

出典:Ripple

機関向けの販売については、19年Q2に「CryptoCompare Top Tier」の仮想通貨市場データを採用することで、販売額を算定する上で参考にしていたマーケットデータが変更。結果として機関向けのXRP販売量も減少した経緯がある。これは、仮想通貨市場で取り沙汰されている「出来高水増し疑惑」に対応したもので、より正確なデータの取得を行うためのデータ取得元の変更として発表されている。

一方のプログマティックセールスは、いわゆる市場売却の量を示す。19年Q3から販売量の減少が見受けられているが、これは販売自体の停止を行なったことが理由だ。今回のQ4では販売量自体が「0」と表示されるなど、販売を中止する流れが継続したことが確認された。

販売を行なった機関向けの販売では、OTC取引を通じていくつかの戦略パートナーに限定して販売を実施。戦略パートナーはXRPの有用性と流動性にフォーカスしたアジアやEMEA(ヨーロッパ、中東及びアフリカ)にある企業に該当すると発表した。

XRPのエスクロー

リップル社は暗号化されたエスクローサービスを利用し、毎月最大10億XRPが利用可能状態となる。

Q4では3ヶ月で計30億のXRPがリリースされたことになるが、利用されたのは3億XRPで、27億XRPが再ロックアップされた。

具体的には、12月のXRPリリース分については一切販売等を行わず、全額が再ロックアップに回された。報告書によると、全額の再ロックアップは初の事例だという。

ODLの世界展開

XRPを利用するODL(旧xRapid)の事業展開についても説明した。

Rippleは昨年11月のSwellカンファレンスで、ODLを利用する企業が20社以上に上ることを報告。中には米マネーグラムや豪州のFlashFXも含まれている。

すでに米ドル=メキシコペソ・米ドル=フィリピンペソとの2つの送金ルートに対応しているODLには豪州および米ドル=ユーロの送金ルートも加わったという。そして、2020年内にはAPAC(アジア太平洋)、EMEA(ヨーロッパ、中東及びアフリカ)、およびLATAM(ラテンアメリカ、カリブ海地域)に対応する送金ルートを新規追加する計画をしている。

ODLで送金されていた米ドルバリューについては、2019年Q1〜Q4に渡り100倍以上増加、特にQ3〜Q4にかけて650%の成長が見られたという。他にもODLの送金高はQ3〜Q4の間、計390%増となったことを報告した。

参考:Ripple報告書

CoinPostの注目記事

メキシコ大手取引所Bitso、仮想通貨XRP(リップル)のODL送金高が続伸
世界最大級とされる米・メキシコ間の送金ルート(USD/MXN)は年間350億ドルに及ぶが、RippleのODLを利用した「米ドル→メキシコペソ」の送金が全体の2.5%を占めるなど、実需拡大を見せている。
仮想通貨XRPは決済システムの問題を解決する=豪決済企業FlashFX共同創設者
海外XRPコミュニティのCryptoEri氏が、豪決済企業FlashFXの共同創設者にインタビューを実施。仮想通貨リップル(XRP)を活用した送金ソリューションODLを利用する理由や、規制への対応についての見解が明かされた。
『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/24 金曜日
17:59
コインチェック IEO「BRIL」が注目される3つの理由
暗号資産(仮想通貨)のコインチェックIEO第3弾として注目されるブリリアンクリプトトークン(BRIL)。投資家が期待する3つの理由について、過去の国内IEOとの比較や親会社コロプラの強み、需給面やロードマップなどから期待度を解説した。
17:49
深刻化する仮想通貨の盗難被害を専門家が分析、リスクと対策を解説|KEKKAI共同企画
仮想通貨投資家のGrypto氏がマルウェア被害でデジタルウォレットの資金を抜かれ大きな損失を被った事例が発生しました。さらなるハッキング被害を抑止するため、Web3セキュリティアプリ開発KEKKAIとCoinPostの共同企画で、ハッキングの手法や対策について解説します。
17:40
Omakase、野村ホールディングスから資金調達でWeb3インフラ強化へ
Kudasaiの関連会社Omakaseが、野村ホールディングスからの出資を受け、Web3インフラ・エンジニアリング需要に対応する体制を強化。Avalanche、Eigenlayerなどのノード運営で400億円相当の暗号資産(仮想通貨)の委託を受けており、将来的なステーキング事業の開発も目指す。
14:53
トヨタのサブスク「KINTO」がNFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始へ
KINTOは2024年6月から、NFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始。トヨタ自動車株式会社のコネクティッドサービス「T-Connect」と連携。安全運転ドライバーの評価証明をSBTとして付与、将来的にリーズナブルな各種モビリティサービス提供につなげる狙い。
13:00
仮想通貨コミュニティのトレンドから見る韓国市場=レポート
韓国のWeb3戦略コンサル企業「DeSpread」は、同国の仮想通貨市場の特性をまとめたレポートを発表。仮想通貨に対するコミュニティの強い関心に支えられ、世界市場で存在感を増していることが明らかになった。
12:16
イーサリアムETFが米国初承認、PMIインフレ懸念で仮想通貨相場は乱高下
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム現物ETFの歴史的なSEC初承認を巡り、期待先行で高騰していたETHが乱高下した。米PMI発表時のインフレ懸念で米株指数が急落したほか、MEV会社Symbolic Capital Partnersの大量売りが影響を及ぼしたと見る向きも。
11:15
米シンシア・ルミス上院議員「仮想通貨推進軍」結成を宣言
米国のシンシア・ルミス上院議員は、議会に「仮想通貨推進軍」を構築すると発言した。これはトランプ前大統領の声明にも呼応するものだ。
10:50
JPYCら3社、ステーブルコインの共同検討開始
国内ステーブルコインの利用拡大を目指し、JPYC・北國銀行・Digital Platformerが共同検討を開始。協業の背景や今後の計画が明らかになった。
09:50
米下院、CBDCによる監視国家に反対する法案を可決
米下院は、中央銀行デジタル通貨による国民監視に反対する法案を216対192で可決した。共和党と民主党で票が分かれている。
08:15
「STEPN GO」、STEPN運営FSLが続編を発表
フィットネスアプリSTEPNにソーシャル機能を追加した新たなソーシャルライフスタイルアプリSTEPN GOが発表された。アプリの特徴や今後の予定が明らかになっている。
07:45
グレースケール、StacksとNearの仮想通貨投資信託を提供開始
グレースケールは、投資信託から様々な銘柄を機関投資家に提供するで流動性を高めて今後ETF(上場投資信託)への転換の基礎を確立していく。
06:15
イーサリアム現物ETF、米SECが承認 ブラックロックなど8銘柄
米SECは24日、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの上場申請を初めて承認した。
06:10
米SECがイーサリアム現物ETF発行企業と対話開始、S-1フォームめぐり
Galaxy Digitalのレポートによると、仮に承認されれば、7月か8月に取引所に上場され取引を開始する可能性が高い。
05:30
コインベース、仮想通貨XRPの取扱いをニューヨーク州で再開
2023年7月に裁判におけるRipple Labsの部分的勝利を受けニューヨーク州を除く他の州でXRP-USD・XRP-USDT ・XRP-EURの3通貨ペアで取り扱いを再開した経緯がある。今回は、これまで対応できなかったニューヨーク州での再開を実現した格好だ。
05/23 木曜日
14:45
ブリリアンクリプト、Coincheckで「つるはしNFT」のINOを29日から開催
BrilliantcryptoがCoincheck INOでつるはしNFTの販売を開始へ。IEO参加者には優先購入権が付与されるなど、販売詳細が明らかに。暗号資産(仮想通貨)交換業者を通じて、新たなブロックチェーン資産にアクセスする機会。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア