ツイッター社、仮想通貨XRPの投げ銭機能口座を凍結

ツイッター社が投げ銭機能の口座を凍結

ツイッター側が、仮想通貨XRPを利用する投げ銭機能「XRP Tip Bot」の公式アカウントを凍結したことが明らかになった。

「XRP Tip Bot」とは、あるコマンドをツイートすることにより、他者へチップを送金することを可能にするプラットフォームで、クリエイターやコンテンツ主への支援などを主な目的として開発され、利用されていた。

2018年10月にローンチされており、開発者は、リップル社が支援するXRPL Labsの設立者Wieste Wind氏だ。

ツイッター社はXRP Tip Botは利用規約に違反するものであるとし、その理由を以下のように説明している。

あなたのツイッターアカウント(XRP Tip Bot)は、ツイッターの規約である「なりすまし行為の禁止」に違反しているとの結論に達した。

なりすまし行為とは、他者を騙すために第三者になりすますことで、強く禁止されている。そのため、このアカウントには利用停止措置が取られ、復元されることはない。

このアカウントに対する凍結が永久的な模様。Wind氏の投稿で判明した。「自分のプロジェクト、ドメインやソースコードがなりすまし? 冗談じゃない!」と訴えている。

のち、Wind氏はBotの代わりに、「#xrptip」のハッシュタグを用いることでチップが送れると投稿した。「口座は凍結されたままだが、いくつかの変更を行なって、#xrptipを利用することで本来の機能はまた起動する」と説明している。

今回、この投げ銭の口座が凍結措置を受けたが、以前にはツイッター社CEOのJack Dorsey氏がツイッター上での投げ銭機能に賛同の意を表明していただけに、今回の措置に疑問の声も上がっている。

しかしその背景には、ツイッター社がビットコインを利用した独自の投げ銭プラットフォームの導入を検討しているからではないか、との噂も一部ではささやかれている。

Dorsey氏がCEOを務める米決済会社Squareは先日、API、言語バインディング、デモアプリなどを機能として備えた、開発者がライトニングネットワーク統合を簡単に導入するための開発ツール「Lightning Development Kit(LDK)」を発表。

また、仮想通貨を仲介した決済ネットワークに関する特許も得るなど、仮想通貨を利用したサービス展開に本腰を入れている。

CoinPostの注目記事

リップル社CEO、新規公開株(IPO)の可能性やBTC決済のデメリットを語る
リップル社のCEOガーリングハウスはWSJ記者の取材に応じて、自社IPOやビットコインペイメントについて見解を示した。
ツイッターCEOのスクエア仮想通貨部門、初のビットコイン関連商品を発表
TwitterのジャックCEOが共同創業者を務めるSquareの仮想通貨部門は1月21日、仮想通貨ビットコインに関連した初めてのプロダクト「Lightning Development Kit(LDK)」を発表した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら