南米ベネズエラで仮想通貨DASHウォレットアプリの利用者が6倍超

インストール数ではなくアクティブユーザー基準

仮想通貨DASHの広報を務めるMark Mason氏は21日、ベネズエラでDASHのウォレットアプリを利用しているユーザーが、8ヶ月で約6.6倍に増加したことを伝えた。アプリのインストール数ではなく、過去30日間に1回以上オンラインになったアクティブユーザー数だという。

国内情勢が原動力に

ベネズエラ国内では最近、仮想通貨ATMの導入やバーガーキングやサブウェイなど飲食店での仮想通貨決済対応など仮想通貨採用の話題が多く、両方ともDASHに対応している。

関連バーガーキング、ベネズエラでもビットコインなど6種類の仮想通貨決済を導入

また、ベネズエラ政府が原油を裏付け資産として発行する仮想通貨ペトロの政府公式ウォレットアプリPetroappでもビットコインなどと並んで交換対象通貨になっている。

ベネズエラで仮想通貨採用が進む背景には、ハイパーインフレが続き政府が原油を裏付け資産とした仮想通貨「ペトロ」を発行するもあまり普及が進まないなど、仮想通貨の実需(投機ではなく実際に使うための需要)が大きいことがある。

バーガーキングと提携して仮想通貨決済を開始したビットコインATM業者CryptobuyerのCEO Jorge Farias氏は、これについて以下のように述べている。

ベネズエラではハイパーインフレ、資金不足、銀行業や通信インフラの老朽化など、現実世界へ暗号通貨ソリューションを導入するのに最適な状況が混在している。暗号通貨を決済手段として利用しようとする政府の取り組みと相まって、これらの最先端技術の利用と採用が促進されるだろう。

CoinPostの注目記事

バーガーキング、「ベネズエラ」でもビットコインなど6種類の仮想通貨決済を導入
ベネズエラ国内の「バーガーキング」でビットコインなどの6種類の仮想通貨決済を開始する計画が明らかにした。インフレ国における需要に期待感を示している。
ベネズエラ政府、仮想通貨ペトロで運営するカジノ構想を発表
ベネズエラ大統領が、仮想通貨ペトロ(PTR)を使うカジノを、首都にオープンすることを発表。景気後退やハイパーインフレに苦しむ同国経済を改善するための追加資金調達が目的か。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します