税還付金を仮想通貨で獲得 米Refundo、ETH・XRP・BCHに新規対応

仮想通貨税還付金:米サービス

米国の仮想通貨税金サービス企業Refundoは、州・連邦納税にあたる「税還付金」を受け取る際の対象銘柄として、仮想通貨ETH、XRP、BCHを新たに追加する。

今回の対応を行なったのは、還付金を仮想通貨で受け取ることができるサービス「CoinRT」だ。昨年5月に米仮想通貨決済企業BitPayと提携したことが実現したサービスで、これまでビットコインのみが対象銘柄として提供されていた。

連邦税納税の申請開始日時は1月27日と開始したばかり。利用者は「CoinRT」を通じて申告することで、還付金相当の仮想通貨を受け取ることができる。

従来の銀行を介した小切手の送金(納税者の手元に届くまで数週間)と比較して仮想通貨を利用することで、より時短に低い手数料で着金する利点がある。また、少額でも値上がり幅に投資する新たな手段にもなり得る。

仮想通貨還付金申請の具体的な流れとしては、ユーザーがサービスを通じて申請することで、IRSもしくは州が還付金の申請を処理したのち、BitPayが受取った米ドルを指定の仮想通貨銘柄に換金、CoinRTの口座を持つ利用者のウォレットに着金する。

RefundoのCEOは、今回の銘柄の追加について、「我々は新技術を好む。オプションとして顧客はよりシームレスに還付金へアクセスできる」とコメントした。

このサービスは、還付金の金額と関係なく一律の34.95ドルで利用できる。そしてBitPay側は基本1%の取引手数料を請求するという。

参考:プレスリリース

CoinPostの注目記事

ドバイ政府、非課税の仮想通貨事業ゾーン立ち上げ
ドバイ政府のコモディティ規制当局DMCCは、先週開催されたスイスのダボス会議で、非課税の仮想通貨事業ゾーンの立ち上げを発表した。あらゆる税金が「ノータックス」となる。
「200ドル未満の利益は免税」仮想通貨の新税改正法案が米国会へ
少額取引を免税対象にする新たな仮想通貨税改正法案が米国会に提出された。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら