ビットコイン(BTC)上昇一服、イーサリアムクラシックやモナコインへの資金流入も|仮想通貨市況

仮想通貨市況

年始以降、回復基調にある仮想通貨市場。個別銘柄では、イーサリアムクラシックが約1ヶ月で186%高(3倍弱)を記録するなど好調に推移している。

ETCは、規定%が減少するブロック報酬減少がBTC半減期のように材料視されているほか、大型アップグレード(アガルタ)の完了で、イーサリアム(ETH)ブロックチェーンとの相互運用性の向上などが評価された。

アップグレードに関しては今後、ETHの「イスタンブール」に対応する次のアップグレード「Aztlán」も予定される。

今回の高騰に関して、詳しくは以下の記事でまとめている。

関連:1ヶ月で約3倍に 仮想通貨イーサリアムクラシック高騰に「5つの背景」

アルトコインも物色されていることから、約3年周期の半減期を今年8月に控えるとされるモナコイン(MONA)も堅調だ。DMMでレバレッジ取引が開始されることも追い風となっている。

monacoin.trance-cat.com

関連:DMMビットコイン、仮想通貨ステラ・モナコインのレバレッジ取引を開始へ

ビットコイン(BTC)市況

30日の仮想通貨ビットコイン(BTC)は、前日比1.15%安の100.8万円(9255ドル)とやや反落。

今回3度目のトライで9450ドルを抜けきらず利食いが相次いだ。午前9時頃の日足を閉じたタイミングで下に走るも、19日の高値の9200ドル付近(約100万円)の節目で反発しており、ロールリバーサルの成立可否も焦点か。

このような上昇トレンドの節目では、利確済みの投資家や買いそびれた投資家の下で買いたい心理が働く一方、急騰後の高値圏では、大口売りをトリガーに、雪崩式の投げが重なるリスクもある。

特に29日19時以降の値動きでは、激しく上下に揺さぶる振るい落としが観測されており、焼かれやすいハイレバレッジの証拠金取引など、不用意なエントリーは控えたい局面と言えそうだ。(現物が推奨される)

ビットコイン(BTC)半減期情報

発行上限2,100万枚と定められているビットコイン(BTC)は、210,000ブロックごとにマイニングの採掘量(供給量)が半減するように定められており、これを「半減期」と呼ぶ。2019年10月時点での発行・供給量は1800万BTCを超え、発行上限の85%に達している。

Binance Academyの半減期カウントダウンサイトによれば、ビットコイン(BTC)の半減期は、残り94日(2020年5月3日)前後になるものと予想される。

The bitcoin block reward halving occurs once every 4 years on average, learn the significance of the bitcoin halving and when the next one will occur.

半減期の実行日は、ブロック数依存であることから、bitcoinblockhalf.comのデータ(半減期まで残り103日)とは若干のズレが生じているが、バイナンスの半減期カウントダウンはより高い正確性を求めるため、ブロックチェーン統計を使用して現在の平均ブロック時間の推定値を取得、それに基づいて計算を実行するという。

計算式は以下の通りだ。

(半減期のブロック番号ー次のブロック番号)*平均ブロック発行間隔ー次のブロック発行までの予想時間

ビットコイン(BTC)半減期とマイニングの採掘報酬は、今回12.5BTC→6.25BTCに半減するが、4年後の2024年、8年後の2028年にかけて、採掘報酬は1.5625BTCまで激減。その希少価値を大きく上昇させることになる。

BTC半減期リスト

CoinPostの関連記事

ビットコイン:大変革の2020年なるか、控える二大アップデートと半減期
仮想通貨ビットコイン(BTC)に関わる2020年の注目ポイントは?実装される可能性がある2つの重要アップデートと半減期を解説。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します