仮想通貨取引所Bitfinex、BTC建てのテザーゴールド(XAU₮)信用取引開始 最大で5倍

XAU₮レバレッジ取引

Bitfinexは金にペッグするテザーゴールド(XAU₮)の信用取引を開始。レバレッジは最大5倍までが可能だ。

取引ペアは、XAU₮/USD、XAU₮/USDT、XAU₮/BTCの3つだ。また、BTC/USDのレバレッジは、従来の3.3から5倍に引き上げた。

テザー社は先週、スイスの金庫室で保管されている金に連動する「テザーゴールド」をローンチ。1XAU₮は約31.103グラムに当たり、保有者は保管される金と交換する(redeem)ことができる。

XAU₮のBTC建て重要性とは

テザーが発行する米ドルステーブルコインUSDTは大多数の取引所(海外)が米ドル建ての代わりに導入している。また、法定通貨からのアクセスができない地域(中国など)でも、USDTはOTC市場にとって重要な媒介手段だ。

データサイトCoinMetricsによると、各バージョンのUSDT(Omni、ETH、Tron)も過去12ヵ月に渡り、1 USDT当たり46回ほどオンチェーンで移動している。つまり「高い」水準と読み取られている。

「デジタルゴールド」と呼ばれるビットコインは、フィジカル金との取引ペアは存在しないが、DGXなど金に連動するトークンでの取引はされている。しかし、出来高はそれほど高いわけではない。

特に金とビットコインの相関性が頻繁に指摘されるため、利用率が圧倒的なテザーの発行するXAU₮と、BTCとしての資金流入は今後注目されるところだ。

参考:bitfinex

CoinPostの注目記事

「顧客資産の2%はビットコイン投資に」米大手金融が提案
2000億ドルの資産を運用する米大手金融顧問企業「Edelman Financial Engines」の創設者は顧客資産をビットコインに投資するようにアドバイザーに提案。その根拠や投資する際の条件ついて語った。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用