カストディ口座からの仮想通貨を直接取引 BitGoが提供開始

カストディ口座からの直接取引で安全性と効率性向上

大手仮想通貨カストディ企業BitGoが、金融サービスプロバイダーのSettleBitと提携。カストディアカウントから資産保全を担保しながら仮想通貨取引ができるようになった。

BitGoは、機関顧客向けにセキュリティ、カストディ、流動性ソリューションを提供する企業で、同プラットフォームの月間取引高は約150億ドル(約1兆6400億円)に相当する仮想通貨業界有数のカストディアン。顧客は、取引所やマイニング企業から、機関投資家まで幅広い。

SettleBitの提携を受け実現したのは、決済プラットフォームとのAPI統合を通じた、カストディ口座から直接取引で、仮想通貨を売買する時の価格提案をリアルタイムに受け取ることも可能になった。

この価格は、最適なレートを見つけるために流動性ネットワークと照合されたもの。売り手と買い手双方の資金が認証完了すると、取引がリアルタイムで実行される。

重要な点としては、プロセス全体を通して、ユーザー資金がコールドストレージで常時安全に保管されることだ。

SettleBitのCEO、Leor Tasman氏は、両社の提携について次のように話した。

(今回の新機能は)機関投資家が仮想通貨を安全に取引する能力を構築する上で、重要なマイルストーンである。決済リスクのない取引は、特に仮想通貨の投資家から非常に求められているものだ

BitGoの金融サービス部門長Nick Carmi氏も、多くの顧客が「資産をコールドストレージから移動せずに取引する」ことを望んでいるため、今回の取引機能はその顧客ニーズに応えるものだと付け加えた。

現在、BitGoのプラットフォームではビットコイン、イーサリアム、米ドルでの取引が可能であり、近い将来に同社は、ユーティリティトークンとステーブルコインも追加する予定だとしている。

Anchorage、仮想通貨アトム(Cosmos)をサポート

最近セキュリティ機能を向上させたカストディアンはBitGoだけではない。

大手仮想通貨カストディ企業Anchorageは、仮想通貨アトム(Cosmos)のサポートを追加、ユーザーがプラットフォーム上でCosmosトークンを保管、また取引できるようにした。

大量のCosmosトークンを保有しているユーザーにとっては、秘密鍵をチェーン上で直接公開することは、セキュリティ上懸念がある。その点に関してAnchorageは、ハードウェアセキュリティモジュール内に秘密鍵を保持しながら、再委譲をサポートする。

インターネットに接続されるというリスクにさらされることなく、隔離された安全なハードウェアから秘密鍵を使用することが可能になる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します