バイナンス、仮想通貨取引所WazirXのP2Pを統合 WRXは上場以来6倍高騰

バイナンスが子会社のP2Pを統合

バイナンスは昨年買収したインドの仮想通貨取引所WazirXが提供するP2Pプラットフォームを、本家Binance.comに統合すると発表。バイナンス上での利用は、2月13日から開始する。

統合が実施されれば、バイナンスのユーザーはBinanceとWazirX間の資金移動を既存のバイナンス口座を介して行うことができる。また、WazirXのP2Pプラットフォームでテザー(USDT)を売買することもできる。

WazirXはバイナンスのように数多くのアルトコイン取引を提供。そして、インドルピーやユーロ、ロシアルーブルなど複数の法定通貨によるP2P取引にも対応する。

インドでは中央銀行の政策で、銀行が仮想通貨取引所に銀行口座のサービスを提供してはいけないが、WazirXはP2Pマーチャントによる「フィアット⇨クリプト」のサービス提供で仮想通貨へのアクセス障害を解消することを目的としている。

WazirXのIEO

WazirXは先日、バイナンスのトークン販売プラットフォームで独自のトークンWRXのIEOを行なった。

WRXは2月5日にバイナンスに上場し、初値の0.02 USDTから0.165 USDTと最高値をつけ、計725%の上昇幅を記録。今も6倍ほど(上場以来)の上昇率を維持している。

出典:バイナンス

9日のシステムアップグレード

バイナンスは、2月9日(日)11時より、30分ほどに渡るシステムアップグレードを行う予定だ。

アップグレード期間中は、「バイナンス先物取引」以外の機能を全て停止。入出金、現物・証拠金取引、P2P取引を含む機能が停止対象になる。

参考:バイナンス

CoinPostの注目記事

バイナンス先物、独自の仮想通貨BNBを取扱う予定 レバレッジ50倍
仮想通貨取引所バイナンスは10日17時より、独自銘柄BNBを17銘柄目として先物取引の提供を予定する。
仮想通貨取引所バイナンス、販売所形式で法定通貨インド・ルピー(INR)を統合
バイナンスは11月25日より、販売所形式でインド・ルピー(INR)への対応を発表した。インドのビットコイン取引所WazireXを買収したことにより実現した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します