CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨ビットコイン取引の分析調査企業 5年で米政府の採用数が急拡大

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

犯罪捜査に役立つ仮想通貨取引データ分析

仮想通貨の不正検出やマネーロンダリング対策などのソフト開発及びサービスを提供する米ブロックチェーン調査企業チェイナリシス(Chainalysis)。 昨年10月には、世界最大規模の児童ポルノサイト「Welcome to Video」の捜査において、ビットコイン取引の分析調査の側面から米司法省に協力し、同サイトの摘発、閉鎖に繋げた功績を持つ。

この事件に象徴されるように、ビットコインなどの仮想通貨取引データから得られる情報は、犯罪捜査及び防止にますます重要な役割を果たすようになってきているようだ。 そして、その事実を裏付けるように、米国政府機関とチェイナリシスとの契約はこの5年間で急拡大している。

チェイナリシスと契約を結ぶ政府機関

米連邦政府によるチェイナリシス関連の調達記録82件を米仮想通貨メディアCoindeskが調査した調査データによると、同社が設立された2015年以降の政府支出状況で、次のような事実がわかった。

1.契約している政府機関

連邦捜査局(FBI)、麻薬取締局(DEA)、移民税関捜査局(ICE)

証券取引委員会(SEC)、商品先物取引委員会(CFTC)

金融犯罪取締執行ネットワーク(FinCEN)

内国歳入局(IRS)

シークレットサービス(USSS)

運輸保安局(TSA)、空軍

2. 契約金額

5年間の累計:10,690,706ドル (約11億7300万円)

延長の可能性を見込むと1400万ドル超 (約15億3600万円)

3. 契約金額の多い機関トップ3

1位:内国歳入局(IRS):410万ドル (約4億5000万円)

2位:移民税関捜査局(ICE):260万ドル (約2億8500万円)

3位:連邦捜査局(FBI):240万ドル (約2億6300万円)

なお、FBIは昨年12月、「仮想通貨追跡ツール」に37万7500ドル(約4140万円)を支払い、2022年までに少なくとも362万8775ドル(約3億9800万円)を使うオプションがあるという。

政府との契約が拡大

チェイナリシスは、2015年にFBI向けに9000ドル(約99万円)のデータソフトウェア契約を結んだことから、政府との関係を徐々に築き上げていったようだ。

チェイナリシス共同設立者で最高戦略責任者のJonathan Levin氏は、各機関内でサイバー犯罪やマネーロンダリングに対処する専門チームとの仕事を行ったことが始まりだったが、その後、政府機関が取り扱う様々な犯罪や違法行為対策に対して、同社の提供するサービスの有用性の認識が深まるに連れ、同社の役割も拡大して行ったと述べている。

政府機関への訓練を提供しているハイテク犯罪専門家は、政府の各調査機関には、それぞれ仮想通貨と関わりをもつ専門的な特定分野があると説明。その一つが、IRSサイバー犯罪ユニット(CCU)で、チェイナリシスの主な契約先でもあり、4年間で「ケース支援と訓練」のために 330万ドル(約3億6200万円)以上を費やしたとのことだ。

チェイナリシスの顧客層:民間部門と公的部門の割合は半々

昨年4月には、三菱UFJグループなどから3600万ドル(約39億5000万円)の資金調達に成功しているチェイナリシスだが、同社によると140を超える企業と20の政府が、同社の製品を利用しているという。

同社が提供しているのは、仮想通貨捜査ツール「Reactor」、本人確認等のコンプライアンス及び取引監視ツール「KYT(Know Your Transaction)」とKryptosだ。

仮想通貨取引所Bitfinexはマネロン対策強化にKYTを導入、同取引所のAMLコンプライアンスの欠如解消に一役買っているようだ。 直近では、国内でもBITPointのシステムにReactorが導入されると報道された。 Reactorは、昨年7月に起きたBITPointからの不正流出の際に、100万以上の取引を介して盗まれた資金を特定したと言われている。

Levin氏によると、チェイナリシスの収益における民間と公的部門(国家機関や海外政府を含む)の割合は、およそ1:1とのことだ。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/28 火曜日
16:00
「法定通貨が不可能なことをBTCで実現」Fountain創設者が語る
第9回のGM Radio:Beyond The Priceは10日に公開。ゲストはWeb3ポッドキャストアプリFountain開発企業の共同創設者Nick Malster氏である。
14:45
イーサリアム共同創設者ブテリン「ステーキングメカニズムには大規模な刷新が必要」
イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、トルコで開催されたDevconnectで、ステーキングを再設計し、パフォーマンスに影響を与える問題を解決する計画だと述べた。
13:28
オーディナル導入ゲームFarcana、アニモカから投資を獲得
UAEに拠点を置くゲームスタートアップ、FarcanaがAnimoca Brandsからの投資を受け、ビットコイン賞金プール付き戦略シューティングゲームの開発を加速。Web3ゲームの先駆者として、ビットコインオーディナルを導入予定。
12:05
ビットコイン37000ドル台維持、弱含みのアルトコイン相場は大規模アンロック警戒も
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが高値圏を維持する一方、弱含みのアルトコイン相場は6億ドルを超える規模のトークンアンロックへの警戒感も燻る。
11:25
コインベースCEO、英首相が開催するグローバルサミットに参加
米大手仮想通貨取引所コインベースは、アームストロングCEOが英国のスナク首相が開催するグローバルサミットに参加すると発表した。
11:25
Find Satoshi Lab、次回作「Gas Hero」のクローズドベータテスト開始
フィットネスBCGのSTEPN開発Find Satoshi Lab(FSL)の新作ゲーム「Gas Hero(ガスヒーロー)」がクローズドベータテストを開始した。NFTのGas Heroバッジ保持者など条件を満たしたユーザーのみ参加できる。正式ローンチは23年12月にPolygon(ポリゴン)基盤で予定される。
10:20
香港で仮想通貨詐欺相次ぐ 規制当局はライセンス猶予期間据え置き
香港証券先物委員会の最高経営責任者は、相次ぐ詐欺事件に関わらず、仮想通貨仲介企業に対するライセンス猶予期間は短縮しないと述べた。
09:54
金持ち父さん著者「手遅れになる前に金・銀・ビットコイン投資を」
『金持ち父さん 貧乏父さん』の著者ロバート・キヨサキ氏は、手遅れになる前に金、銀、暗号資産(仮想通貨)ビットコインに投資するよう呼びかけた。同氏は以前からこの3資産への投資を推奨している。
08:30
米ブラックフライデーのオンライン支出額が過去最高、今週は個人消費データに注目 
今週市場参加者が注目するのは、木曜日よる発表予定の10月個人消費支出(PCEデフレーター)で、米国での年末商戦業績にも影響するデータとなる。先週ブラックフライデーにおける米消費者のオンライン支出額は過去最高の98億ドルを記録し、前年比7.5%増となった。
08:00
コインベース、ADA・DOGEなどの先物も提供へ
米仮想通貨取引所大手コインベースは、ADA・LINK・DOGE・PERP・XLMのパーペチュアル先物取引を提供する予定。機関投資家の需要が高まる模様だ。
07:45
バイナンス新CEO、ビジョンを発表
仮想通貨取引所バイナンスのリチャード・テン新CEOは同社のブログでビジョンを発表。規制対応とユーザーを重視する姿勢を示し、また、ユーザーの資産は安全であることを強調した。
07:02
ソラナJitoが独自トークンを発表 エアドロップも
Jito財団は、ソラナの大手ステーキングプールJitoについて、独自仮想通貨の「JTO」と、ユーザーへの無料配布(エアドロップ)の関連情報を公開した。
06:05
日本拠点のCGVファンド、L2「Blast」のエコシステムに500万ドル投資へ
日本に拠点を置くWeb3投資会社Cryptogram Venture(CGV)は27日、新しい仮想通貨L2プラットフォーム「Blast」のエコシステムに、500万ドル投資することを発表した。
05:30
海外版バイナンス、仮想通貨4銘柄上場廃止へ
海外版仮想通貨取引所バイナンスは新たに不適格として4つの仮想通貨銘柄の上場廃止を通告した。一方、3銘柄の新規先物契約の開始も実施した。
11/27 月曜日
15:19
ブータン王国、水面下でビットコインの採掘拡大 衛星画像などで判明 
ヒマラヤ山脈の仏教王国ブータンは、仮想通貨ビットコインのマイニングを進めている。そのロケーションや背景など新たな詳細が伝えられた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア