ビットコイン(BTC)大幅続落も、モナコインとイーサリアムが堅調な背景は?|仮想通貨市況

仮想通貨市況

18日の仮想通貨ビットコイン(BTC)は、前日比1.76%安の106.2万円まで続落。一時9500ドルを割り込み、JPY建てで104.2万円を付ける場面もあったが、若干持ち直した。

短期的には売られすぎ水準にあったことから、ロングを一掃した後に急反発。 bitFlyerにおけるスポット乖離5.0%(SFD相場)が常態化しており、SFD発動時のロングは0.25%(1BTC=約2,500円)を徴収されるため、買いが躊躇しやすい環境下にあることも否めない。複数の支持線を割り込み、当面は押し目買いよりも戻り売りの方が意識されることから、しっかり底固めして再上昇への起点を作ることが出来るかどうかがポイントになりそうだ。

モナコイン動向

ここ2日間、基軸通貨であるビットコイン(BTC)の大幅下落に引きずられるようにして国内に上場するアルトコインも大幅な全面安を余儀なくされたが、軒並み-10%超と苦戦する主要銘柄群を尻目に底堅さを見せていたモナコイン。

出典:コインチェック

昨年5月に、国内最大手仮想通貨取引所コインチェック上場を発表して大きな反響を呼んだモナコインは、2014年に作られた日本初の仮想通貨だ。

すでにセグウィット(Segwit)やライトニング・ネットワーク(Lightning Network)も採用、トランザクションをより速く処理することができるなど、多くのアルトコインが直面するスケーラビティ問題を大幅に解消。実需面では、パソコンショップやレストランで実際に決済利用ができる店舗があるほか、ネット上での買い物が可能な「Monappy」などの関連サービスも充実していることで知られる。

参考:monacoin.trance-cat.com

ETH/JPY XRP/JPY
BCH/JPY MONA/JPY

明日19日より、国内仮想通貨取引所「DMMビットコイン」にて、モナコイン(MONA)とステラ(XLM)のレバレッジ取引が新たに追加されることも追い風だ。

また、ビットコイン(BTC)の半減期相場に注目が集まる中、2020年8月頃に半減期を迎える通貨でもあることから、思惑買いが入っているものと思われる。

モナコインの半減期は約3年半に一度のペースで、「1,051,200ブロック毎」に半減期を迎える周期で設定されている。次回の半減期は、「2,102,400ブロック」を予定するが、ブロックの平均生成時間から逆算すると、残り200日を切っていることが確認できる。

出典:monacoin.trance-cat.com

また、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)の開示する統計データによれば、「2019年12月度 現物取引高」で、国内銘柄ではネム(XEM)やライトコイン(LTC)を上回り、ビットコインキャッシュ(BCH)に次ぐTOP5にランクインしている。

2019年相場でビットコイン(BTC)の保有量が伸び悩む中、コインチェック上場を皮切りに、国内投資家の支持を順調に拡大していたことが確認できる。

イーサリアム(ETH)動向と確かな需要

一方、ビットコイン(BTC)の先行指標として機能しやすいイーサリアム(ETH)は、PoS移行のETH2.0を控えて堅調に推移する。 一時大幅に売り込まれたが、12時時点で前日比7%高の30,000円弱まで回復しており、反発の強さからも押し目買い意欲が旺盛であることが伺える。

海外の著名アナリストJosh Ragerは15日、「360ドル(約40,000円)まで目立った抵抗線が見られず、このまま続伸するシナリオは考えられる」と言及した一方、週足では360ドルの大台は2017年(2回)や2019(1回)年における主要抵抗線でもあり、プルバックには注意すべき」と持論を展開していた。

「将来的に360ドルラインを突破できれば、次のターゲットとなる460ドル、および800ドルへの続伸も不可能ではないとしている。

ETHのネットワークアクティビティから、実需も垣間見える。

データ分析サイトGlassnodeは、イーサリアムのオンチェーントランザクションやアクティブアドレスが増加傾向にあることを指摘、「過去1週間、オンチェーントランザクション回数は20%増、利用されているアドレスも27%増」などと言及。取引に必要な「GAS代」の利用数も昨年9月以来の大台水準まで回復してきていると指摘した。

さらに、イーサリアム関連マイナーの動きとして、マイニングプールが保有するETH残高が過去最高額に近い170万ETHに到達したことが確認されている。この傾向は、イーサリアムマイナーが今後、PoS移行に備え、ステーキングするためのETHを蓄積。市場における新規通貨売却数の減少を意味する。

一部指標では過熱感も

その一方、年初来の高い伸長率を見せたイーサリアム(ETH)について、FXアナリストEdward Moyaはブルームバーグの取材で、「足元不安定」との認識を示した。

同アナリストがインンジケーター「GSI」を利用し分析した結果、ETHは2019年5月以来の”買われすぎ水準”に達しているという。70以上が買われすぎで、30以下は売られすぎという目安において、ETHは15日時点で92.7に達していた。

出典:ブルームバーグ

CoinPostの関連記事

仮想通貨のPoS(プルーフ・オブ・ステーク)とは|2020年以降に注目が集まる理由
コインチェックなど国内外の仮想通貨(暗号資産)ステーキング関連サービスが関心を集め、時価総額2位のイーサリアムPoS移行を控えるなか、ビットコイン(BTC)で採用されるPoWとの違いやPoSのメリットについて詳しく解説。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら