仮想通貨リスク基盤の分散型取引所(DEX)、ローンチまで約100日

LiskベースのDEX

仮想通貨Liskのデリゲートチームの1つ「Moosty」は、リスクブロックチェーンベースの分散型取引所(DEX)を103日後に、正式にローンチすると発表した。

Mercator.NetworkというこのDEXは、Liskのブロックチェーンを統合した取引所で、すべてのLisk SDK基盤のアプリケーションに対応するという。

Lisk基盤の分散型取引所として、これが最初になる模様だ。

Liskに関しては、直近動きが多くみられる。例えば先日、仮想通貨取引所バイナンスがLiskのステーキングにあたるデリゲート投票を行なっていたことが確認された。

ステーキングを正式に始めたわけではないが、バイナンスCEOのCZはこの報道について、「肯定的な態度」を見せたことも話題になっていた。また、今年に控えるブロック報酬減期(2LSKから1LSKへ)や、Q4(10〜12月)に予定する新DPoSの実装も控えており、関心が集まっている。

CoinPostの注目記事

バイナンス、仮想通貨Liskのステーキングサービスに参入か
仮想通貨取引所バイナンスがLiskのステーキングにあたるデリゲート投票を行なっていたことが確認された。
仮想通貨Lisk、「Lisk Core」の新たな開発計画が発表
仮想通貨Lisk(LSK)のノードに参加するのに必要なプログラム「Lisk Core」について、今後の開発計画が新たに発表された。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用