速報 仮想通貨ビットコイン一時急落、5分間で7万円幅 BitMEXでロスカット連鎖が発生

ビットコイン急落

仮想通貨ビットコインは20日、日本時間6時45分に米ドル建て1万ドルを下回ると価格が急落。5分間で657.96ドル(73,258円)の下げ幅を記録した(24時間の高値からは−1000ドル水準:Coinbase)。

データによると、今回の下落時、BitMEXで11496BTCのロスカットが発生。ロスカットの連鎖を伴う形で下落幅が拡大した。

昨日からの情報でマーケットが警戒していたのは、19日20:20ごろより緊急メンテナンスを実施したバイナンスの動向。

すぐにCZから資産は問題ないとする声明が発表されたが、メンテナンスが自動延長を繰り返す形で長期化。緊急対応であったことから、ハッキングを懸念する声が上がっていた。

現在はすでに復旧済み。原因は、マーケットデータプッシャーというシステムで問題とシステム的な障害であったことが公式から報告されている。

前回バイナンスがハッキングした際は、すぐに告知を行なったほか、取引機能等全て停止した経緯がある。その点でも、今回のメンテナンスとは状況が異なっていた。

なお、中国のSNSなどでは、具体的な被害額が上がる内容が拡散されるなど、事実が確定していない状況でのFUDも見られた模様。CZは投資家に随時情報のアップデートを行うほか、FUDへの対応もツイッターで行なった。

追記:本日の暴落で、全面安となったマーケットキャップTOP20銘柄で、テゾス(XTZ)が独歩高を記録している。詳細は以下。

CoinPostの関連記事

ビットコイン暴落で大規模ロスカット、仮想通貨テゾスが独歩高
仮想通貨市場では、ビットコイン(BTC)1000ドル級の暴落に伴い130億円相当のロスカットが発生、OIは1billion水準を割り込んだ。全面安を記録する中、coinmarketcapの時価総額TOP20でテゾス(XTZ)が独歩高を見せている。
BitMEX収益ランキング元1位、ビットコインやXRPなど仮想通貨の利確ポイントに言及
ビットコイン著名トレーダーのAngeloBTCは2021年に向けて、ビットコインを含めた4つの仮想通貨銘柄に関する利確ポイントを語った。BTC、アルト共に強気予想の見解だ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します