速報 ロシア政府、仮想通貨決済を正式に禁止する方針=地元メディア

ロシア、仮想通貨決済を禁止

ロシアのチェルニシェンコ副首相からプーチン大統領に送られた手紙によると、ロシア連邦安全保障局(FSB)は支払い手段として、仮想通貨(暗号資産)の使用を禁止する方針。ロシアの中央銀行とも合意に至ったことがわかった。複数の地元メディアが報じた。

FSBが仮想通貨に係る規制案を新たなデジタル金融資産法の内容に盛り込む。

ロシアにおける仮想通貨決済禁止の有無はこれまでにも議論されてきたトピックだ。

中央銀行は、仮想通貨に関連するすべて業務を禁止することを固く主張している一方で、FSBは税収入として一部合法化という立場を取り、特にマイニング業者に有利な規制の枠組みを支持していたが、仮想通貨決済の領域では、禁止する方針で両者の意向が固まったようだ。

なお、現時点で仮想通貨取引所などの取引業務に対しては禁止する方針は確認されていない。

バイナンスやHuobiも合法的ルートでロシアに進出したほか、新たに任命されたミハイル・ミシュスチン首相も仮想通貨やブロックチェーンの技術を含むデジタル経済を推進する意向を表明している。

CoinPostの注目記事

ロシア新首相が経済のデジタル化を推進
ロシアの新首相に任命されたミシュスチン氏が、経済のデジタル化を推進する意向を表明。「国家としてデジタルプラットフォームを作るべきだ」とも言及した。仮想通貨へのスタンス変化にも繋がるか。
仮想通貨デリバティブ禁止措置「悪影響は限定的」 英eToroが重要見解
イギリスの仮想通貨デリバティブの禁止措置は、業務への影響は限定的であるとeToroの英国責任者。現在個人投資家のほとんどが原資産を購入にシフトしていることが背景にあるという。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します