仮想通貨取引所ビットバンク、AIを使った新たな本人確認ソリューションを導入

KYCにかかるコストを削減へ

国内仮想通貨取引所のビットバンクが口座開設の手続きにおいて、AIを活用した新たな本人確認ソリューションの導入を決定したことが分かった。

新たにビットバンクが導入した「Deep Percept for eKYC」は金融機関向けにAIソリューションを提供する「ディープパーセプト株式会社」が開発を行う本人確認ソリューションだ。

Deep Percept for eKYCはディープラーニングを活用したAI技術によって、本人確認手続きにおいて顔写真の照合や書類に記載されている文字情報の読み取りなどを行い、業務の効率化やコストダウンに効果を発揮するとしている。

また、WEBブラウザ上で本人確認が行えることで顧客にとって利便性の向上も期待できる。

ビットバンクとしてはコスト削減のほかに、口座開設手続きをよりスムーズなものとすることで、途中で顧客が開設を諦めて離脱しまう事態を減らす狙いがある。

KYCとはKnow Your Customerの頭文字をとったものでサービスの利用者の本人確認手続きを総称した言葉だ。

仮想通貨を悪用したマネーロンダリング(資金洗浄)といった犯罪を防ぐため、資金の出入り口となる仮想通貨取引所も規制によりKYCが義務付けられている。

参考:ビットバンク向け「eKYCソリューション」の導入決定

CoinPostの注目記事

金融庁がブロックチェーン実験結果を公表、金融機関の顧客KYC情報を共有
金融庁は、「FinTech実証実験ハブ」の支援第1号案件の実証実験結果を報告した。ブロックチェーン技術を用いて、本人確認プロセスを金融機関共同で実施する、利便性の大幅向上が期待されるシステム構築検討となる。
仮想通貨デリバティブのDeribit、新KYC基準を発表
大手仮想通貨デリバティブ取引所Deribitが新KYCプロセスの導入、新たなKYC(顧客認証)の要項を公開した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用