バイナンス出資の仮想通貨デリバティブ取引所FTX、自社株トークンを販売

FTXの株トークン(FTX_EQUITY)販売開始

バイナンスも出資する仮想通貨(暗号資産)デリバティブ取引所FTXは25日、自社のセキュリティトークンの販売(FTX_EQUITY)を開始した。(米国などの制限地域では販売を行わない)

FTXはこれまでに様々な先物やオプション、レバレッジトークン取引を提供しており、ビットコイン先物の出来高では世界5〜6位規模の取引所だ。(skewのデータより)

ユーザーはFTXのネイティブトークンFTT・米ドル・BTC等を利用し、FTX_EQUITY(1トークン=2ドル)を購入することできるという。参加するには、最低限で25万ドル相当のFTX_EQUITYを購入する必要がある。また今回のFTX_EQUITYセールは需要にもよるが2020年3月1日から7日までに終わる予定だという。

FTX_EQUITYはFTXの取引プラットホームを所有する企業株式会社FTX Trading(FT)のステークホルダーとして市場に参加できることを表す。よって、FTX_EQUITYを所有することはFTの未公開株を所有する経済的権利が与えられたということだ。

なお、FTX_EQUITYの保有者は企業の所有権を与えられるが、FTの株式による投票権は付与されずに、オニバスライン(包括的)な参加のみが可能になると説明されている。

参考:FTX

CoinPostの注目記事

ゴールドマンとシティ、ブロックチェーン上でのエクイティスワップ取引を初実行
シティグループとゴールドマンサックスはブロックチェーンを用いたエクイティスワップのトランザクションを成功させた。 従来のエクイティスワップは各取引銀行が個々に取引に関連するデータを管理しており、データの照合作業に莫大なコストが費やされていた。
新たなビットコインオプション取引が開始 すでに出来高は100万ドルに=FTX
仮想通貨デリバティブ取引所のFTXが、ビットコインオプション取引を開始。FTXは、バイナンスも評価する新興デリバティブ取引所で、20種類を超えるアルトを含む先物取引の提供も行なっている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら