CoinPostで今最も読まれています

最大級の米株式アプリ「Robinhood」が仮想通貨価格上昇の要因となるか

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコインが続落
2月5日(月)時点で、ビットコイン価格が「$7,605(約83万円)」になり、直近80日間の最安値を更新しました。2月になっても相場回復の兆しは見えていません。
アメリカの好材料は転機となるか?
最大規模のユーザーを抱える米株式アプリ「ロビンフッド」にて、2月末までに、ビットコインやイーサリアムの取引開始を予定。「事前登録数」は早くも100万人を超える勢いです。

ビットコインの暴落が止まらない

米ドル建てビットコイン価格のチャート

投資家たちの期待も儚く、2月になっても仮想通貨市場に回復の兆しは見受けられず、大きな下落が続いています。

2月5日の朝の時点で、ビットコイン価格は仮想通貨取引所「Bitfinex」にて$7605(約83万円)にまで下落しました。

時価総額首位を保ってきた仮想通貨が、直近80日間での最安値を記録しました。

ビットコインが、$19,891(約217万円)で史上最高値を記録したのは、ちょうど1ヶ月前です。

韓国プレミアムが消滅か

現時点で、ビットコインで最大のボリュームを生み出す主要取引ペアは、USD、またはドル基準のTetherトークン

JPY、EUR、KRWがその後に続き、各ペアはBTCの最高取引高ペアのリストに掲載されています。

テザー(Tether・USDT)とは/米ドルと同価値を維持する仮想通貨
時価総額上位の人気仮想通貨であるTether(テザー)の特徴と将来性について、投資初心者にもわかりやすく解説。日本円(JPY)等の法定通貨とほぼ連動した価値を持つ仮想通貨です。USDTもTetherの一種で、米ドル(USD)とほぼ同価になるよう調整されています。

注目すべき点は、日本や韓国の取引所で以前ほどの価格差が見られなくなったことです。

例えば「BTC/KRW」のペアは、韓国最大級の取引所「Upbit」よりもわずかに上回る水準で取引されてはいるものの、現在の価格は、その他の主要取引所とさほど変わりありません。

出典:CoinMarketCap

アメリカの新星「ロビンフッド」参入

現在、仮想通貨市場に暗雲が立ち込めていることは否めませんし、多くの投資家たちのポートフォリオが赤色に染まっている事でしょう。

ビットコインは、”チューリップの球根”や”Beanie Baby”同様だったのか?そう不安になるのも無理はありません。

しかし、2017年より噴出している一部の投資家たちによるビットコインに対する悪評である、「単なる投機であり、中身がない」とするものを覆し、実際はそれ以上の価値があるとの期待は決して消失していません。

現在もビットコインのプロトコル開発は、ものすごいスピードで進行中です。

また、目下の課題である「スケーラビリティ」解決のためのライトニングネットワークは、支援者によって着々と準備が進められており、テスト段階に入っています。

仮想通貨の投機家たちにとっても、好材料となり得るものはまだまだ控えています。

例えば、メール送金サービス「Square Cash」は、先週ほぼ全てのアメリカのユーザーに対して、ビットコイン対応を開始しました。

新規投資家を引き入れることで、市場を後押しするのではないかと考えられています。

その中でも最も注目が集まっているのは、アメリカで絶大な人気を誇る株式仲介アプリ「ロビンフッド(Robinhood)」の存在でしょう。

このアプリでは、2月末までに、ビットコインやイーサリアムの取引開始を計画しており、若年層の投資家たちに、これまでの株式に加えて、仮想通貨の取引機会を提供する予定です。

この新機能は、一部地域在住のユーザーのみを対象にしていますが、それでも現時点で「100万人以上の人々が事前登録」を行なっています。

ビットコインスケーラビリティー解決策、ライトニングネットワーク取引が成功
ライトニングネットワークのテスト成功しました。ライトニングネットワークによりビットコインの問題とされていたスケーラビリティー問題が解決される日も近いかもしれません。飽くまでもテストの成功であり、その実用化はまだ先になるようですが今後の発展に期待したいです。

ロビンフッド(Robinhood)とは

株式市場のInstagramと言われる革新的なトレーディングツール。

通常、取引の度に「7〜10ドル(800〜1,100円)」かかる手数料がゼロになるということで、大きな衝撃をもたらした「株式トレーディングアプリ」です。

若者ウケの良いスタイリッシュなデザインと、手軽に利用できる突出したエクスペリエンスを提供していることから、アメリカのミレニアル世代(米国で1980年代から2000年代初頭までに生まれた人)を中心に、絶大な人気を誇っています。

ロビンフッドのユーザー数は300万人を超え、1000億ドル(約11兆円)を上回るトランザクションを叩き出しているといいます。

サービス開始直後の取り扱いは、ビットコインとイーサリアムのみですが、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルなど16種類に及ぶ人気仮想通貨の価格情報もアプリで参照することが可能です。

将来的に取り扱い通貨や、サービス提供エリアが増えるのではないかという期待も膨らんでいます。

ウォッチリスト対応予定通貨

リリース開始時点で現在確定している通貨はビットコインとイーサリアムですが、予定されているウォッチリスト対応通貨は10以上にも及びます。

  • ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)
  • イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)
  • ライトコイン(Litecoin)
  • リップル(Ripple)
  • ダッシュ(Dash)
  • ゼットキャッシュ(Zcash)
  • モネロ(Monero)
  • クオンタム(Qtum)
  • ビットコインゴールド(Bitcoin Gold)
  • オミセゴー(OmiseGo)
  • ネオ(NEO)
  • リスク(Lisk)
  • ドージコイン(Dogecoin)

また、ロビンフッド代表の発言などから取引対応予定通貨も今後増えていく可能性が高いです。

童話のロビンフッド

悪政に苦しむ民衆を救い、貴族から奪った富を貧しい庶民に分配することでチャンスを与えた中世イギリスの伝説的英雄「ロビンフッド」は、社名の由来になっているとされています。

追記:22日米5州でサービス開始

カリフォルニア州、マサチューセッツ州、ミズーリ州、モンタナ州、ニューハンプシャー州の5つの州にて22日、Robinhood Crypto上でビットコイン、イーサリムなどの売買が可能になる。

参考記事

Bitcoin Price Falls to 80-Day Low; Robinood to Lead the Rescue?

Feb 5, 2018 by Josiah Wilmoth

参考記事はこちらから
ビットコインニュース一覧
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/08 水曜日
08:00
イーサリアム、ステーキングの出金テストに成功
仮想通貨イーサリアムは、テストネットZhejiangでステーキングの出金処理に成功。これは、実施目標を来月に定めている次期アップグレード、Shanghaiに向けたテストである。
07:25
ダウ4日ぶり反発 パウエル議長「ディスインフレ」に再び言及|8日
本日のニューヨークダウやナスダックは4日ぶりに反発。米パウエル議長が7日のインタビューで「物価上昇鈍化のプロセスが始まった」との認識を改めて示したことが好感された模様。今回の発言を受けてドル売りで反応した。
02/07 火曜日
15:21
米著名VCのa16z、Uniswapの拡大戦略に反対
分散型取引所最大手UniswapのBNBチェーンへの拡大計画で、米著名VC「a16zCrypto」が反対票を投じたことがわかった。1,500万UNIの追加により、一時は反対票が66.9%を占める状況となった。
13:40
ジェネレーティブAIへのVC投資が22年に急増、3500億円超え
米データ分析企業「CB Insights」によると、2022年には画像から音声、ソフトウェアのコードなど、新たなコンテンツを生成する「ジェネレーティブAI」スタートアップへの投資が急増。110件の投資契約が結ばれ、約3,517億円の資金を調達した。
12:39
ビットコイン様子見ムード、株やアルト市場でAI関連銘柄の物色つづく
エコノミッククラブのパウエル講演が迫り株やビットコイン市場には警戒感が広がる。OpenAIの「ChatGPT」流行の影響で、アルト市場ではThe Graph(GRT)やSingularityNET(AGIX)などAI関連銘柄の物色つづく
11:50
グーグル、対話型AI言語モデル「Bard」をリリースへ
米グーグルは対話型AI(人工知能)言語モデル「Bard」の開発計画を公表した。Bardは近日中にもテスター向けにリリースされ、フィードバックを経て数週間以内の一般公開を予定している。
10:30
DCGとジェネシス、債務整理などで債権者グループと合意
仮想通貨コングロマリット企業DCGと子会社ジェネシスは、主要債権者グループと合意に達した。ジェネシスの事業売却や債務整理などを計画している。
09:30
Visa、ETHブロックチェーンでUSDCの大口決済を実験
Visaの仮想通貨部門のトップは「StarkWare Sessions」に登壇。同社がイーサリアムブロックチェーンで、ステーブルコインUSDCの大口決済をテストしていると語った。
08:12
米コインベース、コスモス関連銘柄の新規取扱を実施予定
米国の大手暗号資産取引所コインベースは27日、銘柄の新規上場を実施する予定だ。
07:40
バイナンス、税金ツール「Binance Tax」を発表
仮想通貨取引所バイナンスは、税金計算ツールBinance Taxを発表。現在利用できる国や特徴、今後の計画を説明している。
07:20
米AI関連株好調・ドル円続伸、米早期利下げの期待後退へ|7日
本日のニューヨークダウやナスダックは続落したが、米国株ではAI株が引き続き好調だった。8日にはパウエルFRB議長が発言を控えており、市場はFRBの口調に変化がないか様子見の状況だ。
02/06 月曜日
14:23
英中銀と財務省「デジタルポンド(CBDC)が必要となる可能性は高い」
英イングランド銀行(中央銀行)と英国財務省は、「将来的にデジタルポンドが必要になる可能性が高い」との判断を示し、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の導入に積極的に取り組む姿勢を見せた。
12:53
今年1月のNFT市場、前月比40%高と大幅に盛り返す=DappRadarレポート
DappRadarはNFTおよびDeFi市場についての最新レポートを発表。23年1月にNFTの取引量と販売数が急増しており回復傾向だった。BAYCなどを運用するYuga Labsコレクションが好調だった。
12:25
エコノミッククラブのパウエル講演控え、ビットコインなど様子見基調
前週末の雇用統計を受け、株や暗号資産(仮想通貨)などのリスク資産の値動きが冴えない。8日深夜には米ワシントンエコノミッククラブのパウエル講演控えており、ビットコインも様子見基調となっている。
10:03
仮想通貨領域をリードする世界の都市ランキング、首位は英ロンドン=Recap
仮想通貨関連企業Recapは、ビットコインなど仮想通貨・ブロックチェーン導入の環境に適した世界の都市ランキングを公開。関連企業数や税率などの指標でスコアを算出した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア