CoinPostで今最も読まれています

ライトニングネットワークがビットコインの現状を解決するまでの2つの問題点

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコインの問題点
問題は効率的な支払いシステムのために、完全な分散性、固定されたマネーサプライと十分な流動性を併せ持つことができないことです。
ビットコインの非流動性
ビットコインの非流動性が高まる原因は、高い需要と買いだめ、そして計画された供給不足の3つの組み合わせによります。より多くの人々が儲けることを望みビットコインを購入し、それを持ち続けます。
ライトニングネットワークとは
ライトニングネットワークはビットコインのブロックチェーンから離れた、相互的BTC支払いチャネルの分散したネットワークです。それらはビットコイン取引のチェーンよりもかなり早く安く行われます。

ライトニングネットワークはビットコインのトリレンマ(三者択一の状態)を解決しない?

Frances Coppola氏(以下コッポラ氏)は銀行、そしてIT企業で何年間も働いていました。

そして今彼は金融と銀行業務と経済学についてよく言及します。

ビットコインは、Satoshi Nakamoto(以下ナカモト氏)の最初の観点である「ピア・ツー・ピア電子マネー・システム」から逸れなければ適応性のある需要の成長はできない、と予想されています

ビットコインは伝統的な金融システムを使うことなく、支払いが速く、安全で、安価な手段を提供することを目的としていました。

今日、それはVISA、または、Mastercardのごく一部の流通で達成を目指そうとしているだけで、まだ致命的に遅く、非常にコストが高いものです

ビットコインの問題点を解決することは、開発者にとって主要な懸念点になりました。

しかしその問題の解決は困難です。

現在巷ではビットコインは「デジタルゴールド」、つまり流通する通貨ではなく金のような価値の保存を目的とした通貨であるとのことです。

2100万ほどのその発行上限は厳しい金本位制に類似した硬貨金融システムの理想的な支えとします。

新しい決済システムは、それの上で構築されることができました。

問題は、効率的な支払いシステムのために、「完全な分散」「固定されたマネーサプライ」「十分な流動性」、これら全てを兼ね備えて持つことができないことです。

これがビットコインの「トリレンマ(三者択一の状態)」です。

1.不動性のお金

昔の金の標準において、トリレンマ(三者択一の状態)はありませんでした。

例えば、19世紀の「古典的な」金本位制は大英帝国の絶頂期でした。

そして大英帝国はその当時地球の3分の1を支配していました。

ポンドは国際貿易の通貨で、金によって後援されていました。

支配された国は、英国政府によって金本位制へと強制されました。

取引を非常に簡単にしたい(貿易利用通貨統一)ので、帝国の外の国は金本位制に加わったか、もしくはポンドを通貨に採用しました。

その拡がりの中央でイングランド銀行は金の価格とポンド発行を管理しました。

それはローマ帝国から続く最も集中化した金融システムでした。

ビットコインがなければ、それが分散するシステムとして設計されるという事実は何か他のものが与えなければならないことを意味します。

そしてその手掛かりはその急激に上昇している価格です。

ビットコインは流動性が低くなっています。

ビットコインの高まる非流動性は高い需要と買いだめ、そして供給の不足の3つの組み合わせによります。

その急激な価格の上昇は購入が売却よりもよりおおいということを指し示しています。

より多くの人々が価格上昇と同じくして儲けるのとを望みビットコインを購入しています。

すでに自分自身のビットコインを持っている人々も同様の理由でより良い生活のためにそれを持ち続けます。

また、価格が急激に上昇するため、人々は自身のビットコインを支払いなどで使うことに対して消極的です。

そしてビットコインのマイニングハッシュレートはその需要に十分に合っていません。

さらに採掘者も彼らのビットコインをHODL(ホールドして決して離さないこと)します。

一方で、上昇する取引量はネットワークの混雑を引き起こしています。

ビットコインは割当確認以外にキャパシティを調節する手段がありません。

マイナー達は低い料金よりも高い料金のほうがより早く取引を確認します。

より早い送金を望む人々(ビットコインの価格が急上昇しているのでほとんどすべての人々)はより高い料金を支払うでしょう。

高い料金を払いたくない人々は、決済するのを長く待たなければなりません。

それゆえビットコインの人気は高い取引料金と遅い決済時間になってしまいます。

ビジネスの内部の人が尋ねたように、使いことができず他の物に変えることができないお金の利点は一体何でしょうか。

しかしこの問題の解決策はあるでしょうか。

ライトニングネットワークに取り組んでいる賢い人々は、その問題の解決策は大部分の業務をオフチェーンで行い、ネットワークの向こうで流動性を共有することだと主張しています。

2.供給不足

ライトニングネットワークはビットコインのブロックチェーンから離れた(オフチェーン)、相互的ビットコイン支払いチャネルの分散型ネットワークです。

ライトニング取引は典型的に小規模でその殆どはブロックチェーンに反映されません。

なのでそれらは現状のオンチェーンでのビットコイン取引よりもかなり早く安く行われます。

十分な人々がライトニング支払いチャネルを開くならば、ネットワークに大きなビットコインの流動性プールが配布されるでしょう。

問題はどうそれを共有することを可能にするかです。

どのネットワークノードが支払いをするための十分な資金を持っているか確認して、それらのノードを通して支払いの場所への最短の現実的なルートを計算し、その支払いを送るルーティング機能をライトニング開発者は設計しています。

もしこれが機能するならば、ビットコインのトリレンマを解決するでしょう。

ライトニングネットワークの問題点

しかしそれが機能するかは定かではありません。2つの潜在的な問題があります。

一つはライトニングの前払いのチャネルが他の目的の為に使われる資金と結びつくことです。

このせいで、人々はライトニングネットワーク上のチャネルの中でとても低い残高を保つ方を選ぶかもしれません。

そしてまれに調整をするよりも、頻繁に補給するようにするかもしれません。

二つ目は絶えず変化するチャネルの資金です。

人々はライトニングネットワーク上のチャネルを通じて資金を出します。

そしてだんだんとチャネルの残高を落としていきます。

かなりの残高だったとしても、たった数日後に残高は急激に減少するかもしれません。

もし多くの人々が同じ時間に彼らのチャネルで支払うのならば、例えばもし人々が給料日に彼らのチャネルを通じて支払い、そして翌月に支払いを落としたならば、ネットワークの流動性はその時ごとで異なることになります。

これにより大きな支払いのときに支払いのルートを見つけることが難しくなり、不可能となる可能性さえあります。

つまり、ライトニングネットワークはビットコインと同じくらい流動性が低い可能性があります

ただし、ライトニングの非流動性の問題はいつでも資金が潤沢な大きな支払いのチャネルを作ることによって解決されました

そのため彼らは常に支払いルーティンを利用できるようになりました。

しかしこれはライトニングは完全には分散されていないこと(非中央集権の特性を保てない)を意味します

そのような”ハブ”チャネルは支払いに対してより効率的です。

しかしそれらは泥棒をひきつけるのとネットワークの弱さになるでしょう。

もしその大きなチャネルが落ちたならば、多くの支払いは中断されることになるでしょう。

選択肢は支払いが通ったときに一時的にチャネルが赤字に入ることを許可することです。

これにより支払いは常に決済されます。

しかし事実上わずかな予備資金であるときから、それはビットコインの”金本位制”の原則(決められた量しか通貨が発行されず、生産量は毎年僅かという意味で、ビットコインは金本位制に似ていると言われている)を破ります。

もし金が支払いの決済に必要であなたが十分な金がなかったならば、支払いを決済することができません。

それが金本位制が機能するしくみです。また失敗する理由でもあります

もちろんライトニングはまだ製作中の作品です。

しかし現在どのようにビットコインの3つの問題を解決できるかを見つけることは難しいです。

Lightning Network May Not Solve Bitcoin’s Scaling ‘Trilemma’

Jun 20, 2018 by Coindesk

参考記事はこちらから
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/24 月曜日
18:55
マウントゴックス、7月初旬からビットコインとビットコインキャッシュの弁済開始を発表
2014年に破綻した暗号資産(仮想通貨)取引所マウントゴックス(Mt.Gox)が今年7月初めよりビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の返済を開始することがわかった。この発表を受け、ビットコイン(BTC)が急落した。
17:41
Kaikoが選ぶ暗号資産取引所ランキング ビットバンク、ビットフライヤーなど選出
Kaikoは2024年Q2の暗号資産(仮想通貨)取引所ランキングを発表。日本のビットバンク、ビットフライヤー、コインチェックがトップ30にランクイン。詳細なスコアと評価基準を解説
14:23
香港立法会、Web3と仮想通貨開発に関する小委員会を設立
香港特別行政区立法会は、香港におけるWeb3と仮想通貨の開発に関する小委員会を設立。Jonny Ng議員はWeb3業界の将来の方向性を議論し、効果的な政策提言を行うため、広く世界中の業界識者に意見を提出するよう呼びかけた。
12:44
TONの日間送金量が100億ドル規模に、パンテラキャピタルが追加投資を計画
メッセージングアプリ「テレグラム」内で利用される仮想通貨TONの日次転送量が100億ドルの大台に達した。大手VCパンテラキャピタルはTONへ投資する新たなファンドを準備している。
11:43
「現実資産(RWA)トークン化市場、2030年までに320兆円規模に」米大手コンサルのマッキンゼーが予測
マッキンゼーは、トークン化された現実資産(RWA)の市場規模が2030年までに約320兆円に達するとの予測を発表した。
11:26
ビットコイン続落で2週連続陰線、市場から警戒される3つの下落要因は?
暗号資産(仮想通貨)相場では、ビットコイン週足が2週連続大陰線で64000ドルのサポートラインを割り込んだ。調整局面が意識される中、マイナーの大規模売りなど市場関係者に警戒される3つの下落要因について解説。
06/23 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETHの証券性判断に高い関心
今週は、米SECによるイーサリアムの証券性判断、マイナーのビットコイン保有量の減少、自民党議員による仮想通貨についての発言に関するニュースが最も関心を集めた。
10:30
ムード悪化のビットコインは売りシグナル点灯、来週は材料豊富な1週間に|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、下落中の今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。米国大統領選前の初回テレビ討論会など材料豊富な来週の展望を読み解く。
06/22 土曜日
13:30
テクノロジー大手DELLの億万長者CEO、ビットコインに興味示す
米マイクロストラテジーのセイラー会長は、テクノロジー大手DELLのCEOに、仮想通貨ビットコインの希少性をアピールした。
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
ソラナはブロックチェーン領域の「macOS」──パンテラ評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア