国産BC戦略アクションゲーム「Crypto Alchemist(クリケミ)」リリース

国産BCゲーム「Crypto Alchemist」リリース

仮想通貨を使わずにプレイ可能なブロックチェーンゲーム「Crypto Alchemist(クリケミ)」がリリースされた。Android,PCの両方で利用できるほか、iOS版も近日実装予定となる。

ブロックチェーンゲームのプレイで通常必要となる仮想通貨イーサリアム(ETH)の購入や専用ウォレット準備といったプロセスを省き、簡単に始められるブロックチェーンゲームであることを特徴としている。レアリティの高いカードは、他のブロックチェーンゲームと同様に売買することができる。

レアリティの高い場合に行われるカードのオークションは、独自システム導入したダッチオークション形式を採用しており、通常のオークションとは逆に、購入されると価格が上昇し、時間経過で入札価格が下がっていく仕組みになっている。

また、特徴として、コンバーター機能を用いてクリケミで獲得したカードを「クリプトスペルズ」などのNFTコンバーターに対応している他BCゲームで使用することができる。

開発を手がけたのはフォロートレードサービス「マネコ」などを手がける株式会社Gaia。

ブロックチェーンゲームは、日本でも仮想通貨イーサリアムの投資家を中心に支持を得ており、日本発のゲームも多く開発されている。現在も多くのユーザーを持つ人気ブロックチェーンゲーム「マイクリプトヒーローズ」や、先日国内プレセールで過去最高額を記録した「コントラクトサーヴァント」、マイクリの制作会社が手がける新作「ブレイブフロンティア・ヒーローズ」などがある。

参考: 仮想通貨不要でカードトレード可能なブロックチェーンゲーム『Crypto Alchemist(クリケミ)』Android・PCブラウザ版正式リリース!

CoinPostの関連記事

国産BCゲーム「ブレヒロ」セールス売上2000ETH(約4000万円)を突破
1月30日にローンチした国産ブロックチェーンゲーム「ブレヒロ」のセールスが、2000ETH(約4000万円)を突破したことがわかった。日経新聞によれば、「駅メモ」で人気を博すモバイルファクトリーも新作BCゲームを今夏ローンチ予定。
国産BCゲーム「コンサヴァ」、プレセール売上は過去最高の約4500万円
上場企業アクセルマークが手がける日本発のブロックチェーンゲーム「コントラクトサーヴァント」が、プレセールで約3500ETH(約4500万円)を記録した。老舗ゲームメーカーやソシャゲ大手企業の呼び水となることが期待される。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します