毎日ビットコインを積立投資 仮想通貨取引所コインチェックが新プラン

毎日ビットコインを積立投資 仮想通貨取引所コインチェックが新プラン

仮想通貨取引所コインチェックが、毎日仮想通貨を自動的にできる新プランを発表した。

「Coincheckつみたて」は、自動で日本円の入金から仮想通貨の購入まで行なってくれるサービスで、2019年11月より提供を開始していた。

取扱い銘柄はビットコインのみだが、順次追加予定。毎月の積立金額は「10,000円以上100,000円以下」の範囲で、1,000円単位で設定が可能だ。

新たな毎日積立のプランでは、指定した合計積立金額を元に日割りの金額で積立投資を行う。コインチェックは、「従来の積立に比べリスクを抑制し、安定した収益を狙うことが可能」と説明している。

積立投資は、いわゆるドルコスト平均法のこと。一度に購入せず、資金を分割して均等額ずつ定期的に継続して投資を行う投資手法で、一定の投資金額を定期的に購入することで、長期的に価格変動リスクを低減する。

投資成果を約束するものではないが、ボラティリティが激しい仮想通貨の長期的な資産運用方法として、幅広く利用されてきた側面がある。

CoinPostの注目記事

「半減期と仮想通貨ビットコインの高騰」なぜ一緒に語られる? ストック・フロー比率から算出する理論価格を用いて解説
ビットコインは2020年5月に半減期を控える。歴史的には半減期経過後、BTC価格が大幅な上昇を記録しているが、その要因となる「ストック・フロー比率(S2F)」を用いて、その関係性を解説する。
ビットコイン価格と半減期の報道数に相関性=米データ分析企業
仮想通貨データ分析企業 米The TIEが、ビットコインの価格とメディアが半減期を取り上げた数に相関性があることを発表。デジタル・ゴールドとみなす報道数との関係性についても言及した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら