CoinPostで今最も読まれています

ペナント上抜けでビットコイン反転攻勢、個別銘柄も活性傾向に|仮想通貨市況

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨市況

仮想通貨市場は5日、ビットコイン(BTC)が前日比0.75%高の95.9万円(8,920ドル)に。再び9,000ドル台復帰を伺う展開を見せている。

直近底値からの反発後は調整局面で保ち合っていたが、下値支持線の8,600ドル、8,650ドルを割込まずに、ペナントを上放れたことで上昇に弾みが付いた。ただし、直近ではダウ平均の乱高下などに連動することもあり、今後も不安定が相場が続く可能性もあるため、注意が必要だろう。

海外アナリストThe Wolf Of All Streetsは朝方、下降チャネル上限を示唆していたが、その後これを上抜けたとの見立てを示している。

新型コロナウイルス蔓延による実体経済への打撃が深刻とみられることから、依然として予断を許さぬものの、米FOMC(連邦公開市場委員会)の臨時会合で緊急利下げを全会一致で決定するなどしたことで、投資家心理が改善した。

直近の金融市場では、株式市場の暴落に伴う「追証回避」の換金売りにさらされ、リスク資産全般の下落に歯止めが掛からない状況が危惧されていた。信用買いポジションで証拠金(レバレッジ)取引を行なっていた場合、信用で買建てた銘柄の値下がりの含み損で、各証券会社に定められた信用維持率を下回ると、期日までに追加の担保(保証金)を預け入れる必要が生じる。

そんな中、インド最高裁が中央銀行の銀行サービス禁止令を「違憲判断」したことを受け、同国内の仮想通貨関連銘柄が軒並み高騰した。

インド政府、及びインド準備銀行(Reserve Bank of India:RBI)が設けていた、銀行による仮想通貨取り扱い制約が司法によって覆ったことで、巨大経済圏を擁する同国内における、クリプトを取り巻く環境が変わる可能性がある。

インド大手取引所WazirX(バイナンスの子会社)のWRXが前日比60%高、インド発のプロジェクトMatic Network(MATIC)も30%高と、仮想通貨市場全体が下落する中で逆行高を記録している。同取引所は、インドの法定通貨ルピーとの通貨ペアで仮想通貨を購入できる。

出典:Binance

仮想通貨市場では、テゾス(XTZ)が前日比10%高となったほか、チェーンリンク(LINK)が続伸。時価総額10位前後のこの2銘柄は、提携などの材料も豊富で、coinmarketcapの週間Price Graphでは一際目立った強含みを見せる。

CMC

国内ではモナコインが堅調

国内最大手取引所のコインチェック銘柄では、モナコインが独歩高。直近高値の約300円から大幅調整していたこともあり、昨日のBTC下げ局面で大半の銘柄が軟調に推移する中でも下げ渋っていた。

コインチェック

日本発の同銘柄は海外大手取引所Bittrexにも上場しているが、24時間取引高の95.7%は国内取引所のbitbankとなっており、国内トレーダーが大半を占める。

8月末に控える「半減期」思惑が主に材料視されているものと思われる。

出典:monacoin.trance-cat.com

NEM財団が日本市場開拓を強化

ネム財団5日、Symbolのローンチに向け、「日本チームを強化する方針」を発表した。

プレスリリースによると、日本市場開拓に向け3名を起用する。その中の1人である広報責任者の兼髙悦子氏は、「長年に渡りNEMを力強くサポートしているNEMber(NEM+Member) のおかげで、NEMコミュニティの中でも、日本のコミュニティメンバー数は世界最多。」と言及。「日本マーケットを中心にアジアマーケットにおける『可能性の拡大』を実現するための戦略を推進する。」と抱負を述べた。

日本チーム強化の背景となった新ブロックチェーンSymbolは、仮想通貨ネム関連の「カタパルト」をリブランドしたブロックチェーンだ。『誰でも容易に操作できるブロックチェーンプラットフォーム』として、ビジネス応用を容易にする機能を組み込む。

ローンチ目標時期は2020年内を予定しており、国内企業や地方自治体との提携、共同開発を進めていく。

CoinPostの関連記事

インドでプチ仮想通貨バブル インド10億人市場の活性化期待で
中央銀行の仮想通貨関連禁止令の違憲判決を受け、インド10億人市場が活性化する期待感が高まっている。関連銘柄は、ビットコインが下落する中、逆行高を記録した。
仮想通貨ビットコインへの投資「全資産を失う覚悟が必要」=英中銀次期総裁
イングランド銀行の次期総裁を務めるAndrew Bailey氏は、ビットコインへの投資に関して、「全ての資金を失うこともを覚悟しなければならない」と語った。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/30 水曜日
19:30
ブラジル議会、決済手段としてのBTCを承認へ
ブラジル下院は29日、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を決済手段として認定する法案を可決した。今後は大統領の署名次第で施行されることとなる。
19:05
ソラナ基盤のSerumが閉鎖、Openbookがローンチ
ソラナ基盤のDEXインフラプロジェクト「Project Serum」は、Serum コードのフォークによりローンチされた新たなDEX「Openbook」を発表した。
18:33
岸田政権、Web3.0の環境整備に向けたロードマップ示す
岸田政権による「スタートアップ育成5か年計画」の内容が決定した。ブロックチェーン技術とWeb3の税制を含む環境整備が含まれている。
17:18
バイナンスが日本進出へ、サクラエクスチェンジ買収
世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが日本進出を発表した。サクラエクスチェンジの全株式譲渡を受け、完全小会社化する。
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。
10:30
ウクライナ中銀 CBDCの構想案を公開
ウクライナの中央銀行は、同国の中央銀行デジタル通貨についての構想案を提示した。機能の一つとして、ビットコインなど仮想通貨の流通を支援することを挙げている。
09:30
米政治家、FTX前CEOからの1億円超の寄付を返金
米テキサス州の知事選に出馬したベト・オルーク候補は、仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOから受領した寄付を返金していた。寄付の金額は1億円超である。
08:45
Phantom、イーサリアムとポリゴンに対応へ
ソラナの主要ウォレットPhantomは29日、イーサリアムとポリゴンブロックチェーンに対応することを発表した。
08:15
OpenSea、BNBチェーンのNFTに対応開始
NFT電子市場大手OpenSeaは新たにBNBチェーンのNFTに対応し始めた。
07:40
コインベースウォレット、BCHやXRPの対応停止へ
仮想通貨ウォレット「コインベースウォレット」は複数銘柄の対応停止予定を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧