仮想通貨取引所Bitfinex、テザーゴールドの先物開始 最大で100倍

XAU₮の先物取引

大手Bitfinexは金にペッグするテザーゴールド(XAU₮)の先物取引(perpetual swap)を開始。

取引ペアは、XAU₮/USDT(テザー)で、レバレッジは最大100倍までが可能だ。

*テザーゴールド(XAU₮)は、テザー社が新規発行する、スイスの金庫室で保管されている現物の金(ゴールド)に連動する仮想通貨だ。

先日報じたように、すでに時価総額は2500万ドルに達し、他のゴールド関連銘柄(PAXGやDGX)の時価総額を上回っている。(CoinGeckoデータ参照)

有事の金

金などの貴金属は有事時の逃避資産として利用される傾向がある。

特に金の相場は、前年比約25%高。国内小売価格が1980年の過去最高値にも接近した(40年ぶり最高値付近)。

直近のコロナウイルス感染拡大に対する懸念が高まる中、金市場も売りが先行する場面もあったものの、依然として相場は高水準にある。

テザー「金」の裏付けを公開

準備資金を100%保有していない恐れがあると、度々言われるテザー社は、テザーゴールドの準備資産として保管しているゴールドの実物を、先日公式SNSに掲載。投稿時点(2月21日時点)で、金の延べ棒を40本を保管していると報告した。

参考:bitfinex

CoinPostの注目記事

仮想通貨で「有事の金」 テザーゴールド、時価総額2500万ドル突破
テザー社発行の金ペッグ通貨「テザーゴールド(XAU₮)」が2500万ドルの時価総額に達した。すでに、他のゴールド関連銘柄(PAXGやDGX)の時価総額を上回った。
仮想通貨ビットコインの資産価値「機関投資家の見方に変化」=米グレースケール幹部
米大手仮想通貨投資ファンド「グレースケール」の幹部が、価値の保存手段とデジタルゴールドとしてのビットコインの地位が固まってきていると説明。機関投資家の見方に変化が出てきているという。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用