仮想通貨取引所バイナンス、南アフリカの法定通貨に対応へ ビットコインなど5銘柄の取引ペアも発表

バイナンスが南アフリカの法定通貨に対応へ

世界最大手仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスが、南アフリカの法定通貨ランド(ZAR)の取り扱いを開始することが分かった。

本内容は『ブロックチェーン・アフリカ・カンファレンス2020』で発表された。サービスの開始は近日中としている。証拠金取引、先物、現物を初め、バイナンスの全商品を利用できるようになるという。まず明らかにされたのは以下の取引ペアだ。

  • BTC/ZAR
  • BNB/ZAR
  • ETH/ZAR
  • USDT/ZAR
  • BUSD/ZAR

また上記の内容に加え、バイナンスの慈善事業団体「Binance Charity Foundation(BCF)」が、100万ドル(約1億円)を南アフリカのブロックチェーン教育に寄付することを発表している。

バイナンスは仮想通貨の世界普及を目指し、年内に全世界の法定通貨の取り扱いを開始することを目指している。先月は、決済企業Epayとパートナーシップを組み、香港ドル(HKD)の取り扱いを開始した。

関連仮想通貨取引所バイナンス、世界34種類目の法定通貨に対応

CoinPostの注目記事

バイナンス、米国で仮想通貨コスモス(ATOM)のステーキングサービスを開始
米国版バイナンスの「Binance.US」は、仮想通貨コスモス(ATOM)のステーキングサービスを開始した。米国でのステーキングは2銘柄目となる。
バイナンスの仮想通貨P2P取引、ユーロを含む法定通貨を新規追加
バイナンスはP2P取引プラットフォームの取扱法定通貨に、ユーロ(EUR)、ウクライナフリヴニャ(UAH)、マレーシアリンギット(MYR)を新規追加。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します