亡命中スノーデン「ビットコインを買いたい」 仮想通貨市場に楽観視

スノーデン氏がBTC暴落に言及

仮想通貨(暗号資産)ビットコインが暴落する中、米国から亡命中のNSAおよびCIAの元局員エドワード・スノーデン氏は、ビットコインの購入を検討していることを明らかにした。

Snowden氏はそれまで、存在が否定されていたNSAによる国際的監視網の存在を告白したことで知られる人物だ。3月13日、ツイッター上にて以下のような投稿を行っている。

ビットコインを購入しようと考えたのは久しぶりだ。急落はパニックにより引き起こされたが、実際の理由はほとんど見当たらない。

「コロナショック」による世界株市場の崩壊で、仮想通貨市場も例外ではなく、BTC価格も大幅に下落。デジタルゴールドと呼ばれるなど、資産の逃避先として見られていたビットコインだが、その株式と連動した値動きを見せている。

しかし、スノーデン氏は、投資家らの心理的混乱により今回の下落が引き起こされたと話し、急落を説明する明確な理由はないとした。

強気な発言はほかにも

ビットコイン市場が不安視される中、強気な発言も散見される。

12日には、投資ファンド「グレースケール」の親企業であるDigital Currency Groupの創業者Barry Silber氏は、「ビットコインを購入する」とツイッター上で宣言している。

ビットコインは、2008年のリーマンショック時に、巨大金融機関の救済に税金が投入されるなどして、既存の金融システムの欠陥が明らかとなったことで、新たな金融システムとして期待が高まったこともそのムーブメントの一因となった。

このようにビットコインが開発された背景を踏まえ、Silber氏は現在のような状況のためにこそBTCは生まれたのだと語った。

コロナウイルス拡大を発端に世界経済が揺れている中、我々は今、ビットコインの真価が問われる状況に直面しているのかもしれない。

13日金曜日の米国株は大反発

13日(米時間)の米株式市場は3日ぶりに反発、ダウ平均は過去最大の上げ幅として、前日比約9.4%高で歴史的な一週間を終えた。主に、トランプ大統領が新型コロナウイルスに関して国家非常事態を宣言し、政策を総動員する姿勢を明らかにしたことで投資家の不安は緩和。

ほかにも、日銀は株価の下落に歯止めをかけるために、国債を買い入れる形で国内金融市場に計5000億円の資金を供給すると発表。今月2日・3日に同じ方法で資金供給する形として、大量の資金を供給することでパニック相場を抑えたいねらいである。日経は13日、3日間大幅に続落し前日比6.08%安の1万7431円05銭で終えた。

一方、13日の欧州株は全体的に反発する様子を見せた。

CoinPostの注目記事

「3月先物の大半が逆ザヤ」仮想通貨ビットコイン、暴落時のオプション出来高急増
ビットコインなど仮想通貨市場が過去最大級の暴落を記録した12日、オプション取引の出来高が急増、3月先物は大半が逆鞘に。大手デリバティブ取引所Deribitの責任者は、データベースの「過剰負荷」など当時の状況を明かした。
仮想通貨ビットコイン一時前日比40%安、さらなる暴落も急反騰でセリクラなるか
コロナショックによる株式市場の歴史的暴落に伴い、仮想通貨ビットコインは一時3000ドル台に突入。200週移動平均線など重要ラインを一気に割り込んだものの、その後大幅反発した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら