株式など金融市場の取引時間短縮の可能性に「待った」米CME声明文

米CME声明文

米財務長官のSteven Mnuchinは17日、新型コロナウイルスの対策の一環で、株やデリバティブ取引所の取引時間を短縮する可能性に言及した。

新型コロナウイルスを巡る危機中も金融市場の営業を継続することを目指していると語り、「必要に応じて、取引時間を短縮する可能性はあるが、米国民が銀行や確定拠出年金、株式へのアクセスを確実にできるようする、政権は全ての措置を講じる」と言及した。

一方、取引時間短縮の可能性に対して、ビットコインの先物とオプションも取り扱うCMEのDuffyCEOは声明を発表。断固反対の姿勢を示すとともに、ボラティリティを高め、市場を不安定にしてしまう可能性が高いと指摘した。

財務長官が我々CMEやナスダックなどの業者へ相談なしに、ただNYSEと相談し、取引時間を短縮する可能性に言及したのは心外だ。

もっとも、短縮することはナンセンスだ。リスク管理と米国およびグローバル経済安定にとって、金融市場は必要不可欠な存在。通常通りに営業する必要がある。特に、このような緊急状態だからこそだ。

また、「市場自体がグローバルであるため、時間を短くしても、ボラティリティを減らすことはできない」と説明、「むしろ、材料が出た時に、営業時間外で発生するボラティリティが上昇してしまうデメリットさえ有り得る」と語った。

一方、CME側は政府に市場を制御する措置に関して提案。サーキットブレーカーを7%と13%の二段階のみに限定させることで、市場の急変動にも対応できると主張。現行ルールである、「20%の下落時に一日の取引時間が終了する仕組み」を一時的に取り除く対応を行う必要性を訴えた。

CMEでは、ビットコイン先物とオプション取引が提供されており、取引時間の短縮などによる提供は、仮想通貨市場でも重要なトピックとなる。

参考:businessinsider

CoinPostの注目記事

ビットコイン高騰受け仮想通貨市場は全面高 NYダウの急反発を好感
仮想通貨市場は18日、大幅反発。ビットコインは一時60万円まで値を戻し、前日比10%高で推移。アルト市場も全面高の様相だ。
「ビットコインが安全資産でないと断ずるのは早計」米仮想通貨銀行CEO
ビットコインが安全資産との論調は影を潜めるなか、米国初の仮想通貨銀行AvantiのCEOは、「安全資産でないと判断するのは早計」と指摘。大手仮想通貨ファンドマネージャーPompのポッドキャストに出演、独自の見解を示した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用