ブロックチェーン技術はどのようにして国際教育を変えるのか

既存の教育に関する問題点
四年制の学位取得に必要な授業は、ビジネスの世界では必ずしも有効ではありません。学位取得には大量の時間を要し、奨学金などで多額の借金を負うケースも珍しい話ではありません。
イーサリアム基盤のスマートコントラクトで教育をカスタマイズ
オンデマンド教育市場(ODEM)は、新しいブロックチェーン上の教育サービスを提供予定。アクセス面やコスト面を含めてさまざまなメリットがあり、生徒ごとのニーズに沿って、最適なカスタマイズを行える世界は”革新的”と言えるでしょう。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

ブロックチェーン革命

インターネットが普及した現在、次の革命として「ブロックチェーン」の波が到来しています。

どこを見渡しても「仲介者(仲介料)」が不要となり、各個人が自分の金銭や個人情報を”緻密にコントロール”出来るような、非中央集権的な世界に向かって進んでいるのです。

伝統的なビジネス市場も例外ではありません。

企業が「在庫を所有しなくてもサービスを提供出来るようになった」ことからも、これまでの既成概念が劇的に変化しつつあることを示唆しています。

たとえば、世界有数のホスピタリティ企業として知られる、サンフランシスコの「Airbnb(エアビーアンドビー)」は、民泊用の賃貸物件を実際に所有していわけではありません。

国際的な通運企業である「Uber(ウーバー)」も、ライドシェアリングサービスという配車アプリを運用していますが、実際に車を所有しているわけではないのです。

”単一のビジネスモデルが全ての人に当てはまる”という時代は終わりを告げ、個々のニーズに適したサービスを提供する時代に差し掛かっているという事実に他なりません。

すべての人に教育を

学びの場である「大学」は、生徒の期待に十分応えられているとはいえず、時にエリートを見込んだ入学基準を採用することで、ある意味「不平等性を確立」しているとの指摘もあります。

入学できたとしても、思うような経験を積めない事例も少なくありません。

大半の学位は四年制であるため、実社会で「必ずしも必要とされていない学位」を取ることに大量の時間を費やさなければなりません。

また高額な学費により、学位を得る頃には奨学金などで借金が嵩んでいるというのもよくある話です。

イーサリアム基盤のスマートコントラクトを使用した、質の高い教育体験

オンデマンド教育市場(ODEM)は、新しい教育サービスをブロックチェーン上で提供する予定です。

このサービスは、全ての人にとってアクセスがより容易になる上、安価です。

さらにリアルタイムでの授業体験や、オンラインサポートも活用することで、生徒ごとのニーズに沿ってカスタマイズすることができます。

このサービスの目標は、大学における四年制の学位や、それに伴う借金などによる過度の負担を過去のものにすることです。

世の中に必要とされている高等教育をできるだけ負担なく、生涯を通して学べる新しいモデルに変化させていくことを目指しています。

このシステムは、より実践的で知的な文化を養い、各個人の専門性や関心、将来のビジョンに対応できる教育プロセスなのです。

このプラットフォームは、ブロックチェーン上で実行され、仲介者を必要としないことで、学生と教授間の直接的なやり取りを実現します。

さらに勉強の際に必要な住まいや交通手段を始めとする、さまざまな関連サービスの選択肢まで広げることが可能です。

このシステムは、イーサリアム基盤でスマートコントラクトが採用されており、国際決済に対応するための取引は、ネイティブODEMトークン(ODEMT)が使用されています。

近日中にICOが実施

このトークンは、2018年2月17日〜3月19日までの間に、会社のクラウドセールを通して(完売するまで)購入可能です。

本人確認(KYC)の過程は、会社のウェブサイトに組み込まれており、誰が事前登録を行ったかがわかるようになっています。

KYCの他にマネーロンダリング対策も施される予定で、参加者が合法的にICOに参加できる配慮が為されています。

ODEMは、教育分野の先駆者として5年以上の実績を持ち、200人以上の教師ネットワークを管理している姉妹企業、「Excelorators」と提携を行います。

市場規模は500億円以上

同社は、各個人のニーズに適してカスタマイズ可能な教育需要が高まっている、「アジア/アフリカ/南アメリカ/中東」などの成長市場に進出予定です。

グローバル市場における急拡大を望んでおり、このシステムを最初に導入する可能性が高いのは中国の顧客だと予測しています。

How Blockchain is Changing Global Education

Feb 8, 2018 by Guest Author

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加