Ripple社CEOが語る大手決済サービスの仮想通貨導入に対するXRPの対応と有用性

Yahoo!FinanceによるRipple社CEOへのインタビュー
大手決済サービスの仮想通貨導入に関してや、仮想通貨の今後、また仮想通貨投資家に必要なものと言った興味深い内容となっています。

2月7日Yahoo!Finance ALL MARKETS SUMIT : CRYPTOという仮想通貨に関しての大きなカンファレンスが開催されました。

このサミットでは、Ripple社、Coinbase、Blockchain社、JPMorgan Chase、Cboeなど多数の有名企業が参加しました。

またこのサミットにて主催のYahoo! FinanceがRipple社CEO Brad Garlinghouse氏にインタビューを実施し、それをツイッターにて公開しました。

この内容が興味深いものだったので、記事にてご紹介致します。

Ripple社CEO Brad Garlinghouse氏が語るXRPと仮想通貨

大手決済サービスの仮想通貨導入に対しXRPはどのような立場を取っていくのか?

―Interviewer: 一部の銀行や企業(VISAなど)が独自の決済サービスを導入しようとしていますが、Ripple社は今後もそれらのパートナー企業にXRP採用を売り込んでいくのでしょうか?それとも新しいクライアントを探すのでしょうか?

Ripple CEO Brad Garlinghouse氏

たとえVISAが独社コインを発行したとしても、重要な点はネットワーク間のインターオペラビリティー(相互運用性)になります。仮にVISAがコインを発行すれば、AMEX、マスターカード、JPモルガンなどもコインを発行するでしょう。

インターネットの価値を創るのは、レジャー間の相互運用性です。

この仮説が実現したとしても、彼らは一つのレジャーから別のレジャーへ資金を移さなければなりません。

RippleはXRPを使い送金時の相互運用性、またレジャー間の流動性向上のためのソリューションを提供するので、大きな問題だとは考えません。

仮想通貨の今後について

―Interviewer: Barry Silbert氏の『ごく少数の通貨を除いて、これらの価値はすべてゼロになるだろう』というコメントに対してどう考えますか?

Brad Garlinghouse氏

おそらく彼は正しいでしょう。ICOやトークンのブームが起きましたが、多くのトークンは“真の”使用事例や顧客採用が明白ではありません。

ブームが起きたことにより新しいプラットフォームが誕生した瞬間、たくさんの投資家が流れ込むケースがありますが、投資家は今一度使用事例、ユーティリティ、顧客が実在するか考慮する必要があると思います。

仮想通貨投資家に必要なもの

―Interviewer:会社の実体や商品をよく理解していないのに、ICOをしたからと言ってトークンを購入しているという現実は怖くないですか?

Brad Garlinghouse氏

『Irrational exuberance(根拠のない熱狂)』が起きていることは確かです。

ブロックチェーン技術が根本的な決済(やその他様々な分野)に革命を起こすことは確かですが、投資の基本として、実業家・商品・ロードマップ・顧客の存在など深く理解することがキーとなるでしょう。

リップルニュース一覧

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加