香港SFC:有価証券に該当する仮想通貨に関して七つの取引所に警告/上場廃止の恐れも

SFCが有価証券に該当する仮想通貨のライセンスなし取引を警告
香港証券先物事務監察委員会(SFC)は、有価証券と捉えられる仮想通貨がそれぞれのプラットフォームで(ライセンスなしに)取引がされていることを7つの仮想通貨取引所に忠告、その危険性を警告する文書を送ったことを明らかにしました。
上場廃止の恐れ
該当する取引所は、取引サービスの提供の停止とされるか、即座に基準を改正、関連のある仮想通貨をサービスから除外(上場廃止)するかです。としました。

証券先物事務監察委員会(SFC)は、ICOを伴う仮想通貨取引を規制しようとしているようです。

金曜日に公表された声明によると、香港証券先物事務監察委員会(SFC)は、有価証券と捉えられる仮想通貨がそれぞれのプラットフォームで(ライセンスなしに)取引がされていることを7つの仮想通貨取引所に忠告、その危険性を警告する文書を送ったことを明らかにしました。

警告された取引所の名前は公表されなかったものの、香港証券先物委員会は取引先が香港を拠点としているものであり、もしくは取引量で世界20位にはいる香港と関連のある仮想通貨取引所であることを開示しました。

記録によると、今回の試みは、投資家への仮想通貨での取引を行う上でのリスクを警告するための香港証券先物事務監察委員会による大きな一歩です。

去年の9月5日時点で、委員会は、ICOへの資金調達制度にひそむリスクについて警告していました。

特に、香港証券先物事務監察委員会は問い合わせは今後のさらなる対策に繋がるとし、取引所は全ての質問に対応しました。

こういった多くの仮想通貨取引所は、仮想通貨による取引サービスを提供停止されるか、即時に基準を改正するかです。その改正には、関連のある仮想通貨をサービスから除外することも含まれています。” (ということが明らかになりました。)

香港証券先物事務監察委員会は、機関によってトークンの安全性を警告された香港の7つの取引所に忠告しました。

香港証券先物事務監察委員会と香港政府による提携は、2つの組織が国民に公共運動とし、仮想通貨に潜む潜在的リスク、詐欺行為、ハッキング問題を教えるためのものです。

今後は、組織によると、香港の証券法への違反や違反の再発は見逃されないだろうと述べました。

“私たちは今後もマーケットを取り締まり、必要に応じて証券法を施行していきます。”と香港証券先物委員会の最高経営責任者Ashley Alderは述べました。

“その一方で、私たちは、専門家たちに詐欺や疑わしい資金調達を妨げるために適切な情報管理をすることを促しています。また、私たちが証券法に従うことを援助するようにも推進しています。”

Hong Kong Orders Exchanges to Delist Securities Tokens

Wolfie Zhao・ February 9, 2018

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加