次世代ブラウザ「Brave」にバイナンスのウィジェット 仮想通貨直接取引が可能に

Braveにバイナンス

プライバシー強化型の次世代ブロックチェーンブラウザー『Brave』は最大手仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスと提携。ブラウザー上で、バイナンスのホームページを介さずに、仮想通貨の瞬時取引(インスタントスワップ)などが可能になる。(4月に一般公開)

下図のように、この新機能はウィジェットを利用したもので、バイナンスにおける購入および取引機能を統合している。このウィジェットを利用することで、バイナンスおよびバイナンスUSのユーザーは購入・インスタントスワップ(瞬時取引)・残高閲覧等機能へアクセスができる。

対応する仮想通貨銘柄はビットコインやXRP、イーサリアム等主要銘柄およびその他様々なバイナンス銘柄だ。

出典:Binance

出典:Binance

参考:バイナンス

CoinPostの注目記事

バイナンス、仮想通貨取引ペア5つの廃止を発表 RCNなどが対象に
バイナンスは、新たに仮想通貨(暗号資産)の取引ペア上場廃止を発表した。取引が活発でないことが理由とみられる。
仮想通貨取引所バイナンス、南米から5種類の法定通貨を新規統合 P2P取引で
仮想通貨取引所バイナンスは、P2P取引サービスに、新たに5の南米国法定通貨を統合。需要が高まるサービスで、出来高が3月以来急増している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら