スイス初、銀行発行の仮想通貨ステーブルコインが発表

スイスフランに連動する正規ステーブルコイン

スイスのデジタル資産銀行「シグナム(Sygnum)」が、スイスの法定通貨フラン(CHF)に準拠する仮想通貨ステーブルコイン(DCHF)を発表した。スイスフランと1:1で裏付けられるデジタルトークンで、スイスの規制される銀行(金融機関)が初めて発行したステーブルコインになる見込みだ。

シグナムは昨年スイス金融市場監督局から「デジタルアセット銀行」のライセンスを取得している。

DCHFは、スイスの大手証券取引所SIXグループが予定するデジタル資産取引所「SDX」への導入が検討されていると報じられた。*シグナムは、SDXの企業コンソーシアムの加盟企業の一社だ。

CoinPostの注目記事

分散型金融MakerDAO、仮想通貨ステーブルコインを新たな担保金で採用
ステーブルコインDaiを発行するDeFiプロジェクトMakerDAOのコミュニティは、規制される米ドルステーブルコインUSDCを担保金として利用できる提案が実施され、投票で可決したことがわかった。
リップル社CTO、他の仮想通貨を紐づけたステーブルコイン発行機能の追加に強い関心
リップル社のCTOを務めるSchwartz氏は、XRPレジャーへのステーブルコイン発行機能の新たな追加に関心を抱いていると言及。以前より、ステーブルコインの発行に度々触れている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します