リップル社、新型コロナ対策で寄付 2つの支援団体に計20万ドル

Rippleのコロナ支援

リップル社は26日、新型コロナウイルスに対する寄付金を発表。計20万ドルを寄付金に当てたことを発表した。

寄付先の支援団体として、TippingpointのCOVID emergency response fundと、SiliconValleyCFのCOVID Regional Response Fundに各10万ドル、計20万ドルを支援する。

また、併せて寄付を望むユーザーに対し、WHO(世界保健機関)の連帯対応基金を紹介した。

仮想通貨業界は、新型コロナ対策への寄付や支援活動を活発に行なっている。最大手取引所バイナンスのチャリティ部門はこれまで、マスクや手袋、テストキットなどの物資を100以上の病院に送っていた。今は100万ドルの寄付金キャンペーンを開催している。

CoinPostの注目記事

仮想通貨XRP関連詐欺の「見抜き方」 リップル社が公式声明
「仮想通貨XRP関連詐欺の見抜き方」リップル社公式が、XRP関連の詐欺について注意喚起文を発表。詐欺の見分け方のほか、リップル社としての対応方針にも言及している。
伊赤十字社、コロナ対策で仮想通貨の寄付受付 「ビットコインなど革新的技術こそ適している」
イタリア赤十字社が、コロナウイルス対策のため、仮想通貨で寄付を募っていることが分かった。関係者が目的や仮想通貨を利用するメリットを説明している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します