仮想通貨決済企業Pundi Xの規制適用を免除 シンガポール中銀が認可

Pundi Xの規制適用を免除

ブロックチェーンを活用した決済ソリューションを提供するPundi Xは25日、シンガポール通貨庁(MAS:中央銀行)から規制免除の認定を受けたことを発表した。

Pundi Xが規制適用の免除を受けたのは、口座開設と仮想通貨(暗号資産)による電子決済のサービス。今年7月28まで、ライセンスを取得しなくても両サービスの提供を継続できる

MASは今年1月28日、新しい決済サービス法の施行を発表。この法律は、仮想通貨を含む電子決済・交換における消費者保護および利用信任の促進を目的とする。マネーロンダリングやテロ資金供与への対策として、仮想通貨取引所を含む事業者にライセンスの取得を義務付けた。

関連シンガポール中銀、仮想通貨のAML新規制を実行

今回の免除は一時的な措置のため、Pundi Xは期限までに正式に認可を取得するという。

MASの規制免除の発表には、バイナンスアジアやコインベース シンガポール、Paxos Globalといった仮想通貨企業も複数含まれている。シンガポールは登録制を設けてルールを厳しくしているが、仮想通貨やデジタル通貨に対して寛容な国だ。先月にはバイナンスが、シンガポールで営業免許を正式に申請したことが明らかになった。

関連バイナンス、シンガポールで仮想通貨取引所の営業免許を申請

CoinPostの注目記事

アジア初 ビットコインのインデックス型投資信託がローンチへ
シンガポールに拠点を置くデジタルアセット関連企業Stackは、アジアで初めて仮想通貨ビットコインに連動する単一インデックス型投資信託を公開した。
シンガポール中銀・元バンカー「ビットコインは超担保金資産になる」
シンガポール中銀の元銀行員でBTCOTCデスクを運営するAaron氏がBTCの優位性を分析し、「スーパーコラテラル(担保金)になっていく。」「銀行が担保金としてビットコインを受け入れるのは時間の問題」などと指摘した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します