速報 ビットコイン難易度調整「+5.77%」で完了

ビットコイン難易度調整完了 

仮想通貨ビットコインが難易度調整を終えた。

ビットコイン(BTC)のマイニングデフィカルティは、難化で調整された。新たなデフィカルティ値は「14,715,214,060,656」で、前回比でプラス5.77%で確定した。

半減期前に新たな採掘マシンの発売が発表されている中で迎えた難易度調整、3日前からビットコインのハッシュレートが急上昇したことで、5%を超える難易度調整となった。

前回の難易度調整では、過去最大規模の調整が実行されており、結果は-15.95%と易化。一時、平均ハッシュレートが1月水準まで後退したが、前回の難易度調整を終えたビットコインネットワークは再びハッシュレートを100EH/sを超える水準まで回復させていた。

ハッシュレートの上昇について、世界有数のマイニング企業であるBitfury Group日本代表を務める紺野勝弥氏(@BitfuryK)は、「価格が再び上昇していることが、大きな要因と見ている」とコメント。

ビットコインの半減期については、「コロナの影響でかなり不透明感が高い、というのが現状。理論的には価格が上がらないと(マイナーは)厳しいが、難しいと考えている。ハッシュレートだけ高くなる可能性も出てくるかもしれない」と話した。

CoinPostの注目記事

半減期控える仮想通貨が急騰 ビットコインキャッシュ・SVの高騰理由に2つのポイント
仮想通貨(暗号資産)市場で、半減期を控えるビットコインキャッシュ(BCH)とビットコインSV(BSV)が急騰。一時、前日比でBCHが9%高、BSVは15%高を記録した。
ビットコインなど仮想通貨市場に大きな影響を及ぼす「半減期」とは、過去の事例から独自考察
仮想通貨市場に大きな影響を及ぼすビットコイン(BTC)などの半減期が、相場に意外な影響を与えることも明らかに。ライトコイン半減期など、過去の値動きから可能性とリスクについて詳しく解説。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用