分散型仮想通貨取引所Bisq、25万ドル相当のビットコイン・モネロが不正流出

Bisq、25万ドル分仮想通貨流出

匿名で取引できるDEX取引所Bisq(開発側)は8日、重大なセキュリティ上の脆弱性を発見、一時的に取引を無効化すると発表したが、その後25万ドル分の仮想通貨がハッキングによって盗まれたと報告した。

発表によると、ハッカーはソフトウェアの脆弱性を利用し、3BTC(約2.2万ドル)および4000モネロ(約23万ドル)を盗み出した。被害者は7名になるという。

Bisqはあくまで取引を仲介で行なっているため、中央集権式取引所と異なり取引停止はできないが、安全の面で、ユーザーに対して取引をブロックするアラーキー機能を解除しないように促している。

また、アプリケーションのv1.3.0をリリースするまで現行の全取引が完了できない措置をとっている。今後、調査の進捗次第より詳しい情報を公開すると宣言した。

参考:Bisq

CoinPostの注目記事

破産した仮想通貨取引所クリプトピア、裁判判決でユーザーに資金償還
計17億円のハッキング被害を受けて破産した海外取引所Cryptopiaを巡る裁判で、会社の残存資金に対する元利用者の権利を認める判決が下された。仮想通貨は「債務」ではなく「財産」と判断する。
ビットコインキャッシュの半減期後になにが? 2時間のブロック遅延も価格が上昇したワケ
仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)は8日、実行ブロック630,000で初めての半減期を迎えたが、状況は穏やかではない。ビットコインキャッシュの半減期から一夜明けた9日、マイナー動向や価格推移の状況が見えてきた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します